経済面から見たビットコインライトニングの課題|Bitmexリサーチ

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

経済面から見たビットコインライトニングの課題|Bitmexリサーチ
 

経済面から見たビットコインライトニングの課題|Bitmexリサーチ

経済面から見たライトニングネットワークの課題
ビットコインのスケーリング問題の解決策として期待されるライトニングネットワークの普及や課題を、ルーティング手数料の市場動向と流動性プロバイダの投資収益のバランスから読み解く。Bitmexリサーチが分析。

経済面から見たライトニングネットワークの課題

ビットコインのスケーリング問題の解決策として期待されるライトニングネットワーク(以下LNと表記)。仮想通貨取引所大手のビットメックス(BitMEX)の調査部門は、LNが抱える課題を経済的側面から分析した最新のレポートを発表した。

ビットメックスは、昨年初めには未だ抽象的な概念だったLNが、現時点において実験的レベルにまで到達しているため、あらためて分析を行うに値すると評価している。

通常、ビットコインのオンチェーントランザクションは、支払いを行うにあたりユーザーがその手数料を指定、マイナーは、より高い手数料が設定されているブロックを選択して、ブロック生成を試みるという形となっている。一方、現在のLNでは、ルーティングノード運営者が料金を設定し、ユーザーがより安い手数料が設定された支払いチャンネルを選ぶという、逆の方法が行われているようだと、ビットメックスは指摘している。そのため、業者間で、サービスの差別化と料金の競争が起きやすい、より優れた料金体系を提供する可能性があるという。

しかし、ルーティングノードの運営は、料金設定調整だけでなく、支払い需要が大きいが接続が不十分なノードを発見するためのネットワーク分析、出金と着金双方向の十分な流動性を確保するための継続したチャンネル監視、ノード機器のクラッシュ等から資金を保護するためのバックアップ対策など、複雑な要素が多く、成功することは一朝一夕ではいかないと分析した。

料金収入を最大化を目的とした実験

この実験では、最高年間投資収益率は2.75%であり、最高手数料における「バケツ」投資収益率はほぼ1%であった。現在は自動化されていないライトニングチャネルのバックアップ機能をリアルタイムで行える機能が実装されるようになれば、少なくとも理論的には、比較的低リスクで魅力的な利益を生み出すもののように思えるとビットメックスは評価している。

しかし、一般的に仮想通貨関連の投資家はハイリスク・ハイリターンを好む傾向にあり、
LNが提供する、比較的ローリスク・ローリターンの投資モデルが、新たな投資家を惹きつけることは、当初は難しいかもしれないと指摘している。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B