ベネズエラの大手百貨店Trakiが仮想通貨支払いを拡張、年内に全国展開を見込む

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ベネズエラの大手百貨店Trakiが仮想通貨支払いを拡張、年内に全国展開を見込む

ベネズエラの大手百貨店Trakiが仮想通貨支払いを拡張、年内に全国展開を見込む

ベネズエラで最大のスーパーマーケットチェーンTrakiは、昨年11月にダッシュ(DASH)を含む仮想通貨の支払いを導入しました。

28日、仮想通貨PoSプロバイダーのCryptobuyerは、新たにTrakiと提携した事を発表しました。今、同社の「CBPAY」がベネズエラのカラカスにある「El Recreo」という店舗で設置され、ビットコイン(BTC)、ダッシュ(DASH)、ライトコイン(LTC)の支払いを受け入れています。Trakiは今後、全国の49店舗にCBPAYを展開する予定です。

プレスリリースによると、この展開は「仮想通貨の大規模な採用と、日常的に使用できる現実的でシンプルで安全なソリューションを必要とする、ユーザーや加盟店から大きな需要を受けた結果」だという。

Cryptobuyerはまた、4月中、同社のATMネットワークのパナマでのDASH購入について、「手数料ゼロキャンペーン」を発表しました。

CryptobuyerはDASHのパートナーであるため、TrakiとCryptobuyerの取り組みはDASHにとってベネズエラで一層のプレゼンスの向上につながります。

DASHコアのビジネス開発マネージャーのErnesto Contreras氏は、Cryptobuyerのような動きは仮想通貨の成功に不可欠であるとDecryptに語りました;

「私たちは共に“BUIDL(広義の開発)“したいパートナーを探しています。最近の大停電により、仮想通貨が解決策となり得る事が証明されました。人々がチャージ済みの携帯電話とシグナルを持っている限り、取引を完了することができます。DASHはいくつかの問題を解決する機会として見られています。」

Contreras氏によると、停電時にダッシュテキスト(Dash Text)が、ストップする事の無い重要な支払い方法として機能しました。これは携帯電話のSMSで動作するため、インターネットにアクセスすることなく支払いを処理します。

Cryptobuyerによると、DASHは国内の2,200の加盟店に受け入れられているという。なお、同社の仮想通貨ATMやPOSはビットコイン(BTC)やライトコイン(LTC)にも対応しています。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B