仮想通貨ビットコインETF申請2社 可否判断延期|影響を専門家が解説

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨ビットコインETF申請2社 可否判断延期|影響を専門家が解説
 

仮想通貨ビットコインETF申請2社 可否判断延期|影響を専門家が解説

ビットコインETF、一次判断は「延期」
米国SECは、現在申請中の2つのビットコインETFにおける可否判断を初回で延期した。また、仮想通貨・ブロックチェーン関連に詳しい弁護士は「さらに、あと2回延期される可能性が高い」との見解を示している。

ビットコインETF、可否判断の時期が延期に

米国SEC(証券取引委員会)が、現在申請を行なっている二つの「ビットコインETF」に対して最終可否判断にかかる審議の期間を延期したことを、公式発表にて発表した。

しかし今回、判断時期の延期が決定されたことで、次の可否判断の予定日は45日延期され、Bitwise版ETFは5月16日、VanEck版ETFは5月21日となる。

なお、最終判断における延期は最大「240日」まで可能だ。

VanEck社、重役の発言

米国の仮想通貨・ブロックチェーン法案に詳しいJake Chervinsky弁護士も、今回の決定についてツイッター上で見解を述べている。

SECは、申請中のビットコインETFであるBitwiseとVanEckの可否判断の期限を5月16日、5月21日へと延期した。

SECはあと2回、判断時期を延期できるが、2回全て延期される可能性はかなり高いだろう。

(判断時期が2回延長されれば)SECの”最終の”期限は2019年10月13日(Bitwise)、10月18日(VanEck)となる。

VanEck社のデジタルアセットディレクターGabor Gurbacs氏は先日、ETFの承認日に関して、「(我々からすれば)大きな問題ではない。VanEck社とSolidXはすでに、ETFのバックボーンとして必要とされる、マーケットのインフラを構築するため、多くの時間とリソースを費やしている。」と語っていた。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B