仮想通貨マイナーの利権争い激化 イーサリアムの「非中央集権化」巡り

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨マイナーの利権争い激化 イーサリアムの「非中央集権化」巡り
 

仮想通貨マイナーの利権争い激化 イーサリアムの「非中央集権化」巡り

Bitmain共同創設者「ASICは非中央集権化に貢献する」
仮想通貨マイニングに特化したASICが、本来分散型であるはずの仮想通貨ネットワークを中央集権化する要因であるとの批判に対し、Bitmainの共同創設者Jihan Wu氏は「一部のGPUマイナーが利権を主張するための言い訳に過ぎない」と反論。

Jihan Wu氏、「ASICは非中央集権化に貢献する」

仮想通貨採掘(マイニング)に特化した集積回路(ICチップ)ASICが、本来分散型であるはずの仮想通貨に不平等性をもたらす要因となっているとの議論に対し、マイニング製造最大手の「Bitmain」の共同創設者Jihan Wu氏(ジハン・ウ)は「ASICマイナーはイーサリアムのブロックチェーンネットワークをより分権化する」と反論した。

同氏は、イーサリアムが公平性の実現を目指し実装準備中のASIC耐性アルゴリズム「ProgPoW」に対し、「逆に中央集権化を促進し、他の集積回路設計者をETH採掘から排除するための手段だ」と主張し、一部のGPUマイナーが利権を主張するためのアルゴリズムに過ぎないと批判を繰り広げた。

3月27日に中国重慶で開催されたブロックチェーンイベントに参加したWu氏は、「(ASICのように)特定のアルゴリズムを処理するために設計された強力なプロセッサーは、採掘作業で一般的に利用されているグラフィックス処理ユニット(GPU)よりも中央集権化しにくい」と主張した。

「ProgPoW」採用の影響は年間6億5500万ドルか

「ETHの中央集権化」を指摘

「GPUは51%攻撃を増加させる」と主張

イーサリアムはProgPoW実装の目的を、「ASICの効率を下げGPUの性能を最大限に引き出し、イーサリアムの理念である非中央集権ネットワークを構築すること」としている。今月25日に、実装に向けた技術監査を行う第三機関を決定したことを、イーサリアムコミュニティ主導のプロジェクト管理団体「Ethereum Cat Herders」の公式ブログ
で発表した。

Wu氏は、「SparkpoolとEthermineという2つの主要なETHマイニングプールがネットワークの処理能力の半分を制御している。」という統計を示し、「ETHネットワークはすでにある程度中央集権化している」と指摘した。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B