オプション取引の状況から見る今年のビットコイン価格予想 仮想通貨データアナリストが分析

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

オプション取引の状況から見る今年のビットコイン価格予想 仮想通貨データアナリストが分析
 

オプション取引の状況から見る今年のビットコイン価格予想 仮想通貨データアナリストが分析

データアナリスト、「ビットコイン価格の年内急上昇の可能性は低い」
米データアナリストは、オプション市場では9月までにビットコイン価格が1万ドルに達する可能性が5%と指摘。一方で、1万ドルに達するような価格急上昇の条件にも言及。

オプションデータアナリスト、「ビットコイン価格急上昇の可能性は低い」

JPモルガンの元デリバティブトレーダーで、ビットコイン先物とオプションデータ分析企業「skew」の創設者であるEmmanuel Goh氏が29日、金融ニュースやマーケットデータを提供する米大手メディアMarketWatchの取材にて、年内のビットコイン価格について自身の見解を示した。

同氏によると、分布にも9月が期限に設定された1万ドル(10k)の建玉があるものの、現在その価格は”5デルタ“で設定されているという。

年内1万ドル超えの条件とは

また、年内を期限とした2万ドル(20k)に設定されたコールオプション(原資産を買う権利)もあるが、それがその価格を達成する可能性についてはほぼ”0“であると、同氏は主張する。

Goh氏は、「ビットコイン価格の急上昇の可能性は低い」との見解を示す一方で、年内での1万ドル到達の条件についても言及した。

その性質等を鑑みると、6000ドルを超えた場合は市場のダイナミクスに変化が生じて、1万ドル到達もあり得るとした。ある一定の上昇相場が見られれば、連鎖する動きがあり得るとした見解だ。

一方で、大手仮想通貨信用取引所BitMEXのCEOであるArthur Hayes氏は先日、今年のビットコイン価格の予想について、自分自身の意見を明かした。

Hayes氏は、今年の第4四半期(10〜12月)の初め頃に価格は回復に転じるとし、「「2019年の価格は乱高下すると思われるが、市場は1万ドル(約109万円)に向け回復していくだろう」と語り、「1,000ドルから10,000まで価格が上昇するまでに、11ヵ月かかったが、10,000ドルから20,000ドルにまで急騰し、再び10,000ドルに戻るまでは一か月もかからなかった。」と、急騰の可能性を示唆している。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B