コインベース、カストディ部門が仮想通貨テゾス対応 メーカーDAOサポートも予告

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

コインベース、カストディ部門が仮想通貨テゾス対応 メーカーDAOサポートも予告

コインベース、カストディ部門が仮想通貨テゾス対応 メーカーDAOサポートも予告

コインベース、カストディ部門が仮想通貨テゾス対応 メーカーDAOサポートも予告

米国の仮想通貨取引所コインベースの機関投資家向け仮想通貨カストディ(保管)サービス部門が、仮想通貨テゾス(XTZ)のサポート開始、さらに2019年第2四半期に、分散型自律組織(DAO)メーカーDAOのシステム管理トークン「メーカー(MKR)」を追加することを発表した。同社ブログにおいて、3月29日に明らかにした

コールドウォレットを組み合わせた、同社の機関投資家向けサービス「コインベース・カストディ」は、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)を採用した仮想通貨における「ステーキング」に対応したサービスを拡大しようとしている。PoSでは、仮想通貨の保有量(ステーキング)の多寡により、仮想通貨の維持・管理にかかる作業に対する報酬が得やすくなる。

またコインベース・カストディのコールドウォレットを介することで、投資家はコインベースを規制された仲介者として、XTZなどのネットワークに参加できるようになるという。

コインベースのブログによると、XTZ共同設立者キャスリーン・ブレイトマン氏は、「コインベース・カストディを介したXTZステーキングは、機関投資家が信頼できる安全な参加方法、ブロックチェーン・ネットワークにおいて積極的な役割を果たせるコールドウォレット管理者といった、これまで強く求められていたニーズに応えるもの」と指摘し、さらに次のように述べた。

「「電子的な共同体」を創造するという我々の使命の達成は、すべての人々の参加を促進することを意味しており、コインベース・カストディを介した機関投資家も含まれる。」

またコインベースは、分散型自律組織(DAO)のメーカーDAOのシステム管理トークン「メーカー(MKR)」も同様にサポートすることを明らかにした。ブログ記事は、「2019年第2四半期に、コインベース・カストディの顧客は、異なるブロックチェーンを結ぶ相互運用ネットワーク「コスモス(COSMOS)」の検証に加えて、メーカーDAOの提案やXTZの修正案に対する投票を行う予定」と結んでいる。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版
原文 Coinbase Custody Begins Staking Services With Tezos, Maker to Follow
 

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B