韓国仮想通貨取引所Bithumbのハッキングに「換金の形跡」|資金経路などを解説

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

韓国仮想通貨取引所Bithumbのハッキングに「換金の形跡」|資金経路などを解説
 

韓国仮想通貨取引所Bithumbのハッキングに「換金の形跡」|資金経路などを解説

仮想通貨取引所Bithumbのハッキング被害を考察
3月30日に発覚した韓国の大手取引所「Bithumb」のハッキング被害について、現職エンジニアでCoinPost所属ライターの坪 和樹が独自分析を行い、その詳細を解説。

Bithumb、3回目のセキュリティインシデント発生

韓国の大手取引所である「Bithumb」から資金が流出しているという記事が相次いで報じられた。(CoinPostを含め)

2017年、2018年と過去2回もインシデントを起こしている中、実に3度目のインシデントだ。

一番最初にインシデントの発生を報じた Primitive社の Dovey Wan氏が、転送された資産の流れを追っている。

下図が示すように、かなりの量が取引所に流れており、すでに換金が進められてしまっているようだ。
BinanceやHitBTCといった大手の取引所には少額しか流れておらず、KYC などが必須でないChangeNowなどが受け皿となっている。

ネット上で進められる資金の追跡

フーダニット

なお、EOSの資産を転送する上では必要のないメモ(1004493197)がすべてのトランザクションに付与されていることや、資産が何回にもわたって分割されて転送されている点は、追跡を行う専門家も首を捻っているだろう。

しかし、すべてに同じメモを付与している点については説明がつけられない。
プライベートキーが漏れたわけではなく、内部側からシステムを悪用したなどの可能性も考えられるが、詳細についてはBithumbの報告を待つしかなさそうだ。

推理小説に「フーダニット」という概念がある。誰が犯人かを当てるというものだ。

時間は少し遡る。2019年3月19日、Bithumb は相場の長期的な悪化に伴い大規模なレイオフ(解雇)を発表していた。

このレイオフでは310人のうち、約50%の人員を減らすという計画が発表されていたため、それらのスタッフによるものではないかとの見方もでてきている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B