「仮想通貨価格の上昇傾向がマイナーの参入が進む」という洞察は誤り|スタンフォード大レポートで指摘

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

「仮想通貨価格の上昇傾向がマイナーの参入が進む」という洞察は誤り|スタンフォード大レポートで指摘
 

「仮想通貨価格の上昇傾向がマイナーの参入が進む」という洞察は誤り|スタンフォード大レポートで指摘

「仮想通貨価格の上昇傾向がマイナーの参入が進む」という洞察は誤り
仮想通貨市場の高いボラティリティは、決済手段の深刻な障害となる一方、ASICの価値低下を招く政策や仕様変更は、マイナーが否決する可能性があるとした。それはなぜか?レポートが公開へ。

「仮想通貨価格の上昇傾向がマイナーの参入が進む」という洞察は誤り

スタンフォード大経済学部の野田 俊也氏と、Blockchain技術に特化した国内屈指のコンサルタントであるBUIDLの橋本 欣典氏が、「マイニング ASIC 機材投資とコールオプションの無裁定原理について」というレポートを公開した。

ビットコインマイニングなどで使用されるプルーフ・オブ・ワーク・システム(PoW)を使用した「ASICマシン」の理論的な適正価格を算出し、仮想通貨の金融資産としての性質と、マイナーの長期的な投資のインセンティブの関係性を分析したという。

仮定として、マイニング用のASICマシンでは、1銘柄のPoW型の仮想通貨の採掘しかできず、市場価格の推移とは独立して全体としてのハッシュパワーが増加し、特定の主体の行動が市場には影響を与えないものとした。

同レポートでは、「この仮定のもとで、マイニングASICからの収益は、原資産(採掘を行う仮想通貨)のヨーロピアン型コールオプションの無限和と一致する。」と指摘。以下のように解説する。

マイニングの損益分岐点とBTC価格

オプション取引とは

マイナーの投資インセンティブとの関係性

Bitcoinwisdomが提供するチャートで確認すると、1月14日時点のビットコインのハッシュレートが、直前のBTCのデフィカルティ(難易度)調整されてから大幅下落に転じている。

実際のビットコイン価格と比較した場合、昨年12月3日と20日共にBTC価格が474,000円付近で推移しており、1月14日時点の400,000円付近から7.4万円ほど高い水準であることがわかった。

デフィカルティ(難易度)調整は、それまでのハッシュレート推移の影響により、かなり高い水準で設定されており、これら2日と比較しても、マイナー撤退ラインの危惧や、それに伴うハッシュレートの下落、およびBTC価格への売り圧力を示唆している。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B