ビットコイン急落で次のターゲットは?「Misery Index」のBMIが2016年以来の最高値に|仮想通貨市況

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン急落で次のターゲットは?「Misery Index」のBMIが2016年以来の最高値に|仮想通貨市況
 

ビットコイン急落で次のターゲットは?「Misery Index」のBMIが2016年以来の最高値に|仮想通貨市況

仮想通貨市場

アルト全面安の仮想通貨市場は一気に弱気ムードに傾いた。米国納税売りの15日を通過すれば、売り圧力の緩和も見込める中、急落したビットコインの次のターゲットを探る。

金融市場と仮想通貨

本日の東京株式市場は、前日比159円18銭の続伸を見せ、年初来高値の2万1870円56銭に達した。

材料の乏しい仮想通貨(ブロックチェーン)関連株は、弱含みで推移。グノシー(6047)が3.28%高と反発している。

ビットコインテクニカル分析

15日通過でアク抜けか

ビットコイン「悲惨指数(Misery Index)」2016年以来の最高値

免責事項

9日夜に公開したマーケットレポート時点では、以下のような形状だったが、アルトコインの全面安に伴い、失速した格好だ。

現在はトレンドラインを割り込んだことで、短期的に弱気相場に移行。意識されていた5,000ドルのサポートライン(オレンジ点線)で反発し、
EMA50(Exponential Moving Average:指数平滑移動平均線)でサポートされて推移している。

この50EMAを割り込んだ場合、急騰後に付けた巨大な上髭後にサポートされた、雲下限の52.5万円。EMA100の53〜53.6万円(fib0.5)も視野に入るだろう。上昇した場合は、57.8万円が戻り売りポイントになるため、しばらくは上値の重い展開が続くかも知れない。

一方で、ここを数日間耐え切って値固めできれば、米国納税売りの期限(後述)の売り圧力がなくなることで、再び上を目指す気運も高まりやすい。日足、週足で確認すると、上昇トレンドの押し目とも考えることも出来るため、目線の固定はせず、臨機応変に立ち回りたい。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B