[cryptopack id="115"]

自称「ビットコイン発案者」のライト氏訴訟騒動起こす BSVに影響は【フィスコ・アルトコインニュース】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

自称「ビットコイン発案者」のライト氏訴訟騒動起こす BSVに影響は【フィスコ・アルトコインニュース】

 

自称「ビットコイン発案者」のライト氏訴訟騒動起こす BSVに影響は【フィスコ・アルトコインニュース】

2019/04/12 15:06

仮想通貨ビットコインSVの牽引者で、ビットコインを発明した匿名の人物「サトシ・ナカモト」が自身であると2016年に発言して有名になったクレイグ・ライト氏が、ツイッター上で同氏を「詐欺」と発信する人物に対して名誉棄損で訴訟すると連絡したことが明らかとなった。仮想通貨メディアのビットコイン・マガジンが報じた。

ビットコインSV(BSV)とは、2018年11月にビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォーク(機能向上のための技術仕様変更)によって新たに誕生した仮想通貨である。ビットコインSVとしてビットコインキャッシュから分裂する際、先頭に立ったのがライト氏だった。

ライト氏が訴訟するとしているのは、ビットコインの取引処理能力向上をはかるライトニング・ネットワークという新技術の普及目的でツイッター上で拡散されている「ライトニング・トーチ(Lightning Torch)」という運動を始めた人物で、ユーザー名は「Hodlonaut」という。

ライト氏がサトシ・ナカモトではないという界隈の意見は多く、たびたび「ライト氏は詐欺」という意味合いのハッシュタグがツイッター上で散見される中でライト氏はこれに対して「訴訟する」というコメントを続けていた。「Hodlonaut」氏もまたライト氏がサトシ・ナカモトではないとする発言を行っていた。

今回の「Hodlonaut」氏への連絡はツイッター上でライト氏の弁護士から行われており、ライト氏が「サトシ・ナカモトの背後にいる人物」であるとして「Hodlonaut」氏に対して名前、住所、Eメールアドレスを要求するとともにライト氏に関する一連の発言を撤回・削除して謝罪することを求める。もし「Hodlonaut」氏が情報開示しない場合訴えを裁判所に申請するとしている。

こうした一連の騒動に対して海外ではビットコインSVの取り扱いを仮想通貨取引所はやめる方がよいという声も出ており、大手仮想通貨取引所バイナンスのCEOであるジャオ・チャンポン氏もツイッター上で「クレイグ・ライトはサトシではない。これ以上こうした騒ぎがあるなら、(ビットコインSVの)取り扱いをやめる!」と発言している。

<SI>


Liquid

ビットコインを買うならLiquid

セキュリティレベルも高く、ビットコインの取引高では国内でダントツで取引手数料は無料!!

口座開設はこちら


bitbank

リップルの取引高世界一のbitbank

リップルの取引先として高い支持を誇り、日本人に人気のモナコインの取引所として個人投資家からの信頼が高い!

口座開設はこちら


GMOコイン

上場企業の運営の取引所GMOコイン

投資初心者でも使いやすい取引アプリを提供。仮想通貨FXでアルトコインのレバレッジ取引も可能!

口座開設はこちら

配信元:

 

引用元:https://cc.minkabu.jp/news/2202

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

コメントを残す

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。