韓国最大手取引所、420億円の純利益から200億円の大幅赤字に転落|収益性低迷の背景を考察

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

韓国最大手取引所、420億円の純利益から200億円の大幅赤字に転落|収益性低迷の背景を考察
 

韓国最大手取引所、420億円の純利益から200億円の大幅赤字に転落|収益性低迷の背景を考察

大手取引所Bithumbが約200億円の損失を計上
韓国大手取引所Bithumbが同取引所の財務実態を公開、2018年は約200億円の損失を計上した。「仮想通貨の冬」がユーザー以上に世界の仮想通貨取引所に厳しい影響を与えている。

Bithumbが約200億円の損失を計上

韓国大手取引所Bithumbの財務状況が大幅な赤字に転落した。2017年は純利益として4272億ウォン(約420億円)を計上していたBithumbだが、2018年は2055億ウォン(約200億円)の損失を計上、業績が大幅に後退した。

同取引所を運営するBTCKoreaは、損失の要因としてインフラ投資人件費を挙げているが、その他に昨年の仮想通貨市場の急落も影響したと見られている。

一方で売上高については2018年は3917億ウォン(約384億円)となり、2017年の3334億ウォン(約327億円)と比較して17.5%の増加。「売上は17%の増加を記録した。海外への投資を継続していく」と今後の展望も語った

取引高の水増し疑惑や従業員の解雇も

同報道によると、「ウォッシュトレード」などの手法を用いて94%近い水増しがあったとしており、データを取り扱うCoinMarketCapなども、Bithumbの出来高を一覧から外すなどの動きが見られた。

なお、収益性の低下から、同取引所の従業員数を最大で50%減らすといった計画も実施されており、レイオフ計画は同取引所幹部も認めている。

仮想通貨市場における主要なマーケットの1つである韓国であるが、同取引所は今後どのような策を講じて行くのか、政府の動きを含め動向を把握しておきたい。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B