フランス議会、保険会社による仮想通貨への投資を可能にする法案を可決-仮想通貨ニュース

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

フランス議会、保険会社による仮想通貨への投資を可能にする法案を可決-仮想通貨ニュース

フランス議会、保険会社による仮想通貨への投資を可能にする法案を可決-仮想通貨ニュース

11日、フランス議会は、2兆ドル規模の保険市場による暗号資産への投資を許可する新しい法案「The Pacte law」を可決しました。保険会社は割り当て金額に制限を設けることなく、専門のファンドを介して暗号資産とトークンに投資することができる事になります。フランスメディアLesÉchosが伝えました。

今週、The Pacte law(企業の成長と変革のための行動計画:Plan d’action pour la croissance et la transformation des entreprises)がフランス議会で可決され、保険会社が提供する保険証券が、フランスの伝統的商品では最初に暗号資産へのエクスポージャーを得る事となりました。

エマニュエル・マクロン大統領の党「LaRépubliqueen marche(共和国前進:LREM)」の予算マネージャーであるJoel Giraud氏は、「Pact法の主目的ではないが、保険会社は、専門的なファンドを通じて暗号資産に基づいた商品を提供できるようになります。」と述べる。実施規定の公表後、新たな枠組みが運用される予定です。

この法案は18か月間議論されてきた、2つの規定によって構成されています。第21条は、生命保険の会計単位に制限の無いファンド・プロフェッショナル・スペシャリスト(FPS)を配置できるように保険法を改正しました。

他方の第26条は、FPSによる投資の対象となる資産に関連する通貨および金融法の規定を修正しました。今後、「共有された電子記録デバイス」(ブロックチェーンの事)に記録される、対象財産は全てFPSの資産構成に組み込めることになります。」と、Simmons&Simmons LLPのEmilien Bernard-Alzias弁護士は述べています;

「これら2つの規定により、FPSがビットコインのような暗号資産に投資できることが文書化されています。」

プライベートエクイティ投資ファンド(FPCI)もまた、この措置に含まれます。

暗号市場は伝統的な金融商品に比べて非流動的であるため、SPFとFPCIにとって、は暗号資産に投資する上では課題もあります。いずれにせよ、暗号プロジェクトが金融市場庁(AMF)によってオプショナルライセンスを得た点で、フランスは暗号に特化した法案を通過させた最初の国となっています。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B