「来年の大統領選に導入」全米初のブロックチェーン投票の舞台裏|米ウェストバージニア州務局に独占取材

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

「来年の大統領選に導入」全米初のブロックチェーン投票の舞台裏|米ウェストバージニア州務局に独占取材
 

「来年の大統領選に導入」全米初のブロックチェーン投票の舞台裏|米ウェストバージニア州務局に独占取材

米ウェストバージニア州、ブロックチェーン投票の舞台裏
米国のウェストバージニアで行われた全米初の連邦選挙でのブロックチェーン投票。そこには海外在住の有権者における課題といった背景や、新たな技術に対し懐疑的な層からの批判などがあった。選挙管理人を務めた人物がその舞台裏を語った。
LongHash
日本語公式HP:jp.longhash.com
英語公式HP:longhash.com
日本語Twitter:@longhash_jp
英語Twitter:@longhashdata

LongHashは独自のデータ分析を基に、仮想通貨のトレンドやニュース、価格に関する情報を日中英の3ヶ国語で提供するジャーナリズム・プラットフォームです。

ブロックチェーンデータの解析や解説を行うLongHash所属のデータサイエンティストやライターを世界中に抱え、分かりやすい記事で配信しています。

またLongHashはブロックチェーンハッカソンやミートアップの企画、実施運営のサービスも提供しております。

なお、共同設立者であるEmily Parker氏は、以前記者としてWSJやNYタイムズで務めたほか、米政府の技術政策専門アドバイザーを歴任しています。

より多くの記事を読みたい方は、こちらからLongHashの公式ページへアクセスできます。

▶️
本日の速報をチェック

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

全米初のブロックチェーン投票の舞台裏

より多くの記事を読みたい方は、こちらからLongHashの公式ページへアクセスできます。

CoinPostは、LongHashと共同で、米国ウェストバージニア州務局の選挙管理人兼副法律顧問を務めるDonald Kersey氏にインタビューを行なった。

アメリカ東部に位置するウェストバージニア州は昨年11月、中期選挙にモバイルブロックチェーン投票システムを採用した初の米国州として歴史に名を残した。このプロセスは順調に進んでいるかのように見えたが、投票のように神聖なものに新しい技術を適用したことで同州は多くの批判を受けた。

昨年採用された投票システムの仕組みは以下の通りだ。

ブロックチェーン導入に踏み切った理由

非難の声も

ブロックチェーン投票への想い

さらなる詳細は、このリンクから確認ができる。

ウェストバージニア州国務長官の選挙管理官兼副弁護士のDonald Kersey氏は、11月に行われたブロックチェーン投票の試験での成功点や、失敗点について語ってくれた。

何故、ウェストバージニア州はブロックチェーンを採用する必要があったのだろうか。これは常々、挙げられる疑問である。

仮想通貨市場に強気相場が到来した2017年、ブロックチェーンへの熱狂は加熱した。スタートアップは単に「ブロックチェーン」という単語を口にするだけで、資金を調達することができた。ウェストバージニア州が解決しようとしていた問題は何だったのか。そしてなぜブロックチェーンが最善の解決策だったのか。

この点に関してKersey氏は非常に明確だ。 彼は我々のインタビューにて以下のように説明した。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B