世界銀行とIMF(国際通貨基金)、独自仮想通貨「ラーニングコイン」の利用実験が判明

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

世界銀行とIMF(国際通貨基金)、独自仮想通貨「ラーニングコイン」の利用実験が判明
 

世界銀行とIMF(国際通貨基金)、独自仮想通貨「ラーニングコイン」の利用実験が判明

IMFと世界銀行、独自の仮想通貨
国連の専門機関IMFと世界銀行が、独自の仮想通貨を発行してブロックチェーン技術の実験を行なっていたことが判明した。仮想通貨業界と規制当局の認識のズレを狭めていくため、実際のデータや発見を記録して今後に活かす方針だ。

IMFと世界銀行、独自のブロックチェーン実験を開始

国連傘下のIMF(国際通貨基金)が世界銀行とともに独自の仮想通貨「Learning Coin(ラーニングコイン)」を発行していることがフィナンシャルタイムズの報道で明らかになった。

ラーニングコインは世界的な影響力を持つ2大国際機関が開発したもので、今後ブロックチェーン技術や仮想通貨をより深く理解するために行われる実験で活用されていく。

また、価値や価格の面においても裏付けとなる資産を有していないため、「厳密には仮想通貨ではない」とIMFは説明している。

さらにラーニングコインは、ネットワークと連動するアプリを通じて、ブログや調査結果、ビデオ・プレゼン内容などを保管して共有も可能にする。

IMFと仮想通貨

このような世界銀行が発行するトークンの実験は、以下の3点に焦点が置かれる予定である。

このような実験を通してバイアスの無い状態で、仮想通貨の良い点や悪い点を調べていく方針だ。

IMFや世界銀行が事実に基づいた情報で仮想通貨の認識を向上するラーニングコイン発足にはこのような経緯が考えられるが、同時に独自の実験プロジェクトを始めるところまでに至るほど、ブロックチェーン技術や仮想通貨が無視できない存在となってきたとも言えるだろう。

IMFは、以前から仮想通貨に関する調査レポートなどを発表しており、特に最近では仮想通貨やブロックチェーン技術に着目している傾向も見られる。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B