規約変更後に4億ドルの新規USDTが発行 仮想通貨相場への影響は上昇か下落か

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

規約変更後に4億ドルの新規USDTが発行 仮想通貨相場への影響は上昇か下落か
 

規約変更後に4億ドルの新規USDTが発行 仮想通貨相場への影響は上昇か下落か

新規テザーが発行
3月に担保資産の規約が変更されてから、4億ドルの新規テザーが発行されたことがわかった。市場への影響が危惧されるなかで、ビットコイン相場への影響がどのように出るか、過去の事例から考察した。

新規テザーが発行

仮想通貨業界で、依然晴れぬ疑惑を抱える「USDT(テザー)」が、再び新規発行を続けていることがわかった。

USDTは最大のステーブルコインとして、仮想通貨市場で24億ドルもの市場価値にまで規模を拡大しているが、4月からの2週間強で現市場規模の18%ほどに相当する4.3億ドルの新規発行が確認された。

問題は、今回の新規発行による市場操作の懸念が再度浮上していることにある。

CoinMarketCapのデータによると、USDTの新規発行が開始されたのが日本時間4月1日20時。出来高の増加確認ポイントは、4月2日14時に確認された。

相場への影響 上昇か下落か?

テザー社の疑惑やUSDTの発行状況などを追うアカウントBitfinex’edは、直近で4億ドル相当のUSDT発行をUSDに裏付けられたものではなく、市場の不安要素となる点だとして警告した。

これは、1USDT=1USDを保つ仕組みを保つことで利用されてきたステーブルコインの担保資産の利用規約を3月15日に変更したことを指している。この規約の変更によって、これまでUSD(米ドル)が担保資産として規定されていた担保資産に、現金同等物が加わったほか、テザー社が発行するローン債権なども追加。公に担保金がドルだけではない点を示す動きとなった。

自社発行の債権を含めたことで、reserve(準備)を上回るお金の貸付を行う部分準備銀行制度に類似した仕組みで運用を行うことが明らかになったが、信頼度に欠けるテザー社の動きを懸念する声も大きい。

では、相場にどのような影響が出ると考えられるのか?過去の事例から考察する。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B