中国テンセントがブロックチェーンゲームをリリース|「ポケモンGo」と「CryptoKitties」の要素も人気に-仮想通貨ニュース

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

中国テンセントがブロックチェーンゲームをリリース|「ポケモンGo」と「CryptoKitties」の要素も人気に-仮想通貨ニュース

中国テンセントがブロックチェーンゲームをリリース|「ポケモンGo」と「CryptoKitties」の要素も人気に-仮想通貨ニュース

中国の大手ネットサービスTencent(テンセント・ホールディングス)は最近、ブロックチェーンゲーム「Let’s Hunt Monsters(ハントモンスターズになろう)」をリリースしました。これは基本的にはポケモンGOと、クリプトキティーズの要素を兼ね備えている様です。先週金曜日の時点で、中国のiOSアプリストアで最もダウンロード数の多い無料ゲームとなっています。

このゲームは、1999年に設立された深セン市を本拠とする中国の多国籍投資企業Tencentによって、資金提供、開発、発売されました。Tencentは、メッセージングアプリWeChatを擁する大企業です。

Hunt Monstersは、世界中で大きな成功を収めている「ポケモンGO」と「CryptoKittie」に触発されている模様です。ポケモンGOはGoogleマップに依存するため、Googleが禁止されている中国ではプレイできません。

また、CryptoKitties (クリプトキティーズ)は、ユーザー間で子猫を交換できるイーサリアム(ETH)ブロックチェーン上の最初の人気ゲームの一つです。一時期、ゲーム内の仮想キャラクターがが1体あたり1000万円 で取引されたこともあります。

その結果、「Let’s Hunt Monsters」は爆発的な人気を博しています。SCMPによると、当ゲームは、既に中国のiOSアプリストアで最もダウンロードされた無料ゲームとなっています。

Hunt Monstersは、ユーザーが街を走り回り、拡張現実(AR)を通して数百種類のバーチャルモンスターを捕まえて、ブロックチェーンに保存できます。ユーザーは獲得したモンスターやデジタル子猫を所有して、テンセント独自のブロックチェーン上で取引できます。取引は、実際のお金ではなく、ゲーム内クレジットで行われます。

Tencentにとって、ブロックチェーンゲームは、政府のオンラインゲーム規制を迂回した新たな収益となります。中国のトップコンテンツ規制当局は昨年9ヶ月間、新しい動画ゲームのライセンスの承認プロセスを中断し、12月に再開しました。中断前にTencentは「Let’s Hunt Monsters」のライセンスを取得していました。つまり、ゲーム内での課金は許可されています。

Let’s Hunt Monstersの別の収益源は、実店舗でのマーケティングキャンペーンとのことです。

今年1月にTencentは、韓国のゲーム会社NEXON(ネクソン)の持ち株会社NXCの買収提案を検討していると、ロイターが報じられていました。仮に実現すれば、TencentはNexon傘下の2つの主要な仮想通貨取引所のオーナーとなります。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B