仮想通貨だけで世界を旅するJaide Barclay氏に独占インタビュー!

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨だけで世界を旅するJaide Barclay氏に独占インタビュー!

仮想通貨だけで世界を旅するJaide Barclay氏に独占インタビュー!

「仮想通貨だけで世界を旅する」というチャレンジ中のオーストラリア人Jaide Barclayさんに、EMURGO(Cardanoプロジェクトの商業化部門)のオフィスで取材をさせていただきました。

―コイン東京
よろしくお願いいたします。早速ですがJaideさんはなぜ仮想通貨のみで世界を一周しようと思ったのですか。

―Jaideさん
私は仮想通貨・ブロックチェーンのブログを立ち上げたのですが、ブログを書いていると「仮想通貨の投資面ばかりに注目していて”ブロックチェーンの知識”や”仮想通貨が実生活とどのように結びつくか”が分からない」ということに気付きました。

それを学ぶために世界の様々なカンファレンスに参加してみることに決めました。そのついでに、カンファレンスまでの旅程も全て仮想通貨で支払うことができないかと考えたのです。

―コイン東京
ありがとうございます。もともと仮想通貨の投資をやっていたのですね。

―Jaideさん
投資に関しては小さいころから両親に教育されていました。なので、仮想通貨は初期から臆せずに投資していました。

仮想通貨は新しいイノベーションを興すので、仮想通貨のことをもっと深く体感しつつ、世の中に情報発信していきたいです。

―コイン東京
仮想通貨だけで世界を旅するというチャレンジを始めようと考えた時、両親やご友人はどういった反応をしたのでしょうか。

―Jaideさん
旅の話をして、父親は自分以上に興奮していましたね(笑)
電話にて、こうした方が良いああした方が良いと助言をくれるようになりました。私の父は不動産関係の会社を営んでいるのですが、私と同じく仮想通貨に注目していたのです。

旅をしている現在でも定期的に電話がかかってきて、話していると「あまり多くの場所を回れていないじゃないか!」と怒られます(笑)

父の話で思い出したのですがチャレンジの4日目、私は台湾でブロックチェーンウィークに参加していたのですが、そこで初めてテレビの取材を受けました。

テレビ出演なんて予期していなかったのですが、ブロックチェーンウィークに来ていた人に自分のチャレンジの話をしていたら急に連れていかれて「ここに座って!これマイクだから!」と言われて急に始まったんですね。

取材が終わって、Youtubeのリンクを頂いたのでそれを父に送ったら、父の友人皆から電話が来るようになって、仮想通貨のことを教えてくれと頼まれたり、自分も買ってみたいと言ってくれるようになりましたね。

―コイン東京
Jaideさんの活動が少しずつ周りに影響を与えているのですね。
旅の中で台湾に行ったというお話が出ましたが、現在までで訪れた国と、これから訪れる予定の国を教えて頂けますでしょうか?

―Jaideさん
まずは今まで行った国から説明します。オーストラリアから始めて、香港、中国、韓国を回りました。そしていま日本にいます。

この後は一回オーストラリアに戻り、シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、アメリカに向かう予定です。

―コイン東京
どの国が最も仮想通貨にフレンドリーでしたか。

―Jaideさん
今のところ香港ですね。香港であれば簡単という訳ではありませんが、訪れた他の国と比べると比較的簡単という印象がありました。仮想通貨を使える店舗が多く、現地の人が英語を話せるというのも大きなポイントですね。

―コイン東京
なるほど。それでは逆に仮想通貨が使いにくかった国はありますか。

―Jaideさん
使いにくかった国は中国ですね。
何故かというと、法律によって国民が仮想通貨に関する話をしたがらないという点が大きいですね。深センで一つだけ仮想通貨を利用できる店舗を見つけたのですが、支払いの方法は店主の個人ウォレットにビットコインを送金するという方法でした。後で調べてみたらそのお店は中国で唯一仮想通貨が使えるカフェだったようです。

実際に行ってみて感じたことは、中国はブロックチェーン技術に対して積極的ではあるのですが、仮想通貨に対しては非常に排他的でした。

―コイン東京
旅の中で特に使いやすかった仮想通貨はありますか。

―Jaideさん
リップル(XRP)やカルダノADAですね。韓国にいるときにカルダノから声がかかり、メタップスADAカードを使ってみたのですが、とても便利でした。決済時間がとても速く、そしてメタップスADAカードが利用できる店舗は3万店舗にも及びます。

―コイン東京
言える範囲で構いませんので、ポートフォリオを教えて頂けませんか。

―Jaideさん
BTC、ETH、、ADA 、XRP、EOS、TRX、IOTA、ONT、BAT、ETN、YOYO・・・それぐらいでしょうか。利用している取引所はバイナンスやコインスポットやビットフィネクス等さまざまです。管理が大変なので、本当は一つだけの取引所を使いたいのですが、取り扱っている通貨も違えば、場所によっては上限量などもあるので、どうしても分散してしまいますね。

―コイン東京
実際にこれまで様々な国で仮想通貨を使ってきた中で、Jaideさんが感じた仮想通貨が発展するために”ポイント”はありますか。

―Jaideさん
2つあります。まずは先ほど話にあったメタップスADAカードのような、様々な通貨に対応した物理カードがあるといいのではないかという点です。カードがあることでリテラシーの低い人でも使いやすくなります。

もう1つはやはり仮想通貨が持つ価格の変動性ですね。ボラティリティが大きいと支払いに使う際に障害となりますし、保有者も投機的な使い方がメインになってしまいますからね。

―コイン東京
確かに、実世界で支払いに使おうと思うと価格変動は課題になりますよね。

少し話が逸れますが、これまでカンファレンスなどで様々なプロジェクトの話を聞いてきたと思います。そこで興味を持ったブロックチェーンプロジェクトはありましたか。

―Jaideさん
いくつかありますね。
例えば医師から出される処方箋を追跡し、ブロックチェーンで記録を残すプロジェクトですね。
偽物の薬や取り違えなど、世界的に見て薬に関する問題は沢山あるので、そういった問題をブロックチェーン技術で解決することが出来ればより良い世界になるだろうと感じています。社会問題や環境問題を解決するようなプロジェクトとブロックチェーンの親和性が高いと思いますね。

―コイン東京
ありがとうございます。次が最後の質問になるのですが、このチャレンジが終わった後はどういったことをしていこうと考えていらっしゃるのでしょうか。

―Jaideさん
今考えていることは一つあって、自分自身カメラの前で何かをするということが非常に楽しく感じているので、世界中を旅し続けて、仮想通貨・ブロックチェーンを一般社会に普及していく活動をしていきたいと思っています。

簡単に言えば技術的なことではなく、ブロックチェーンを視覚的に感覚的に体験できて興味を持ってもらえるような活動がいいですね。

【Jaide Barclay】
HP:https://www.12wcc.com/about-me
Twitter:https://twitter.com/jaideb18
instagram:https://www.instagram.com/jaidebarclay/?utm_source=ig_profile_share&igshid=18dacmcvz2mlf

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B