取引所間のBTC送金を追跡するツールTokenAnalyst 、4月2日に起きたBTC急騰は大口の意図と主張-仮想通貨ニュース

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

取引所間のBTC送金を追跡するツールTokenAnalyst 、4月2日に起きたBTC急騰は大口の意図と主張-仮想通貨ニュース

取引所間のBTC送金を追跡するツールTokenAnalyst 、4月2日に起きたBTC急騰は大口の意図と主張-仮想通貨ニュース

ロンドンを本拠とするTokenAnalystは、Goliathのビットコイン投資家が同時に市場に参入し、今週のビットコインの価値が急上昇したと主張しています。

今月2日のビットコインの23%を超える1BTC5000ドルまでの急上昇は様々な憶測を呼びました。データ会社TokenAnalystは、大口のビットコイン投資家が意図して、同時に市場に流入したと主張しています。

TokenAnalystの共同創設者Sid Shekhar氏によると、2日のスパイク前に、あるクジラの外部口座からBitMex交換所ウォレットへの、750万ドル相当のBTC送金を捉えました。

ブロックチェーン上の取引が取引所のビットコインのウォレット口座への流入を追跡することで、「このようなこと(BTCの急騰)が起こる前兆を垣間見ることができた」と述べています。

「複数のクジラの資金の動きを捉えた後、クジラ達のウォレットから複数の交換所への協調的な流入を見ました。その後、好循環を見ていました。」

4月2日のBTC値動きは、市場のアルゴリズムと個人投資家の両方によって引き起こされたと Shekhar氏は付け加えました。

「クジラは単独でそれを動かしたわけではない。彼らは最初のドミノだった。ドミノが倒れるとすぐに、勢いに基づくプログラム的なアクションの束を見ました。それはますます価格行動を引き起こしました。」

クジラは過去数カ月間にBTCを蓄積した後に、同時にBinanceやBitMexのような複数の取引所に流れ込んだという。「あれほど多くの交換所で協調して行われたことは珍しい」と彼は述べる;

「この背後には意図があるように思えます。ビットコインを貯めてきたプレイヤーは、持ち分の価値を高めたいと考えたのだろう。」

Token Analystは、暗号資産トレーダーがインジケータとして使用できるサイトを公開しています。これは、市場の資金の流れを把握するため、各取引所の資金流入と流出(InflowとOutflow)フォーカスしたサービスです。

暗号資産市場は常に流動的に存在しています。Token Analystの市場監視アプローチは、Binance、Bitfinex、Bitstampなどの主要な取引所間で行われるブロックチェーンチェーンの動きを追跡します。

Token Analystは、各プラットフォームの24時間のビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)のNet変化を捉えています。一定以上の機能は有料ですが、無料で以下の情報が把握できます;

・BTCとETHの日々のオンチェーン取引量
・主なERC20トークンのオンチェーン取引のリアルタイムフィード
・選択したERC20トークンの24時間のトランザクション数
・クジラ(大口)のトランザクション(BTCは有料)

クジラウォッチ機能は、BTCとETHチェーンをカバーします。ブロックチェーンエクスプローラ上で、50万ドル以上のトランザクションを通知してくれます。

Token Analystは、数百種類の暗号資産に関するリアルタイム情報を提供する別のツールと組み合わせるとうまく機能します。主要な資産の動きと、取引所で扱うコインの価格変化を比較することで、暗号市場の全体像と今後の洞察を得るのに役立ちます。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B