Binanceがバイナンスコイン(BNB)の7度目のバーンを報告-仮想通貨ニュース

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

Binanceがバイナンスコイン(BNB)の7度目のバーンを報告-仮想通貨ニュース

Binanceがバイナンスコイン(BNB)の7度目のバーンを報告-仮想通貨ニュース

Binanceは、第7期(2019年1月-3月)のBinance Coin(BNB)のバーン(償却)を報告しました。今回のバーンは、829,888 BNB、つまり約1560万ドル(約17億円)に相当します。

Binanceは、四半期毎に取引手数料による利益の20%を用いて、バイナンスコイン(BNB)を買い戻してバーン(償却)します。全BNBの50%を買い取るまで(=1億BNB)すべての買戻取引はブロックチェーン上で公表されます。最終的に1億BNBがバーンされ、1億BNBが残ります。

最初に2億BNBが発行されており、これ以上のコインは生成されません。この構造は本質的にデフレの性質を持ち、コインが魅力的な投資対象になるよう設計されています。

Q7(2019年1-3月)のBNBの償却枚数は、前四半期の約半分です。しかし、過去3ヶ月間でBNBの価値が3倍以上になったため、米ドル相当額は前四半期を大幅に上回っています。

ビットコイン(BTC)が市場で好転する前に、バイナンスコイン(BNB)の価格が上昇しました。そのため、ユーザーの取引手数料に費やされたBNBの枚数が減少しました。なお、最近のBTC価格の上昇に伴い、米ドル建てのBNB手数料収益も好転しています。また、Binanceは、BitTorrentトークン(BTT)のLaunchpadセールが、BTCの転機となったと分析しています;
“BTTのセールが非常に成功したことで、市場の信頼感が回復し、トークンプロジェクトへの関心が再燃しました。”

2019年第1四半期、弱気市場の最中にLaunchpadが復活しました。Binanceによると、Launchpadはプロジェクトの資金調達の支援を越えた利点があります。

ブロックチェーンの世界では、初期投資家が最初の将来のユーザーになります。Launchpadは、Binanceユーザーがプロジェクトの拡張性を高める点で役立ちます。この事は資金を集めるよりも重要だとBinanceは主張します。

Binanceは投資家を保護するために、Launchpadのプロジェクト選択に、徹底したデューデリジェンスを行いました。信頼できるプロジェクトをエコシステムに確実にもたらすために、厳格なプロセスを通して選別されます。

一方、プロジェクトチームと創設者にとって、従来のベンチャーキャピタルで必要とされたピッチ資料や、ボードミーティングなどに対処する多大な時間とエネルギーを削減できます。Launchpadを使用すると、プロダクトの開発に専念できます。

Binanceは、Launchpadが「数日で3倍、5倍、10倍の資金を稼ぐ」ために設計されたプラットフォームではない事を強調しました。単に市場が過剰反応しているに過ぎないという。投資家が理解でき、長期にわたって保持する考えがあるプロジェクトにのみ投資することを強く勧めました。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B