イーサリアム企業連合 トークンの定義化へ JPモルガンやマイクロソフト、R3などと連携

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

イーサリアム企業連合 トークンの定義化へ JPモルガンやマイクロソフト、R3などと連携

イーサリアム企業連合 トークンの定義化へ JPモルガンやマイクロソフト、R3などと連携

イーサリアム企業連合 トークンの定義化へ JPモルガンやマイクロソフト、R3などと連携

イーサリアム企業連合(EEA)は、大手企業などと提携してブロックチェーン基盤のトークンの定義化を目指す。EEAが4月17日にプレスリリースで発表した。

EEAは2017年2月に発足。イーサリアムおよびイーサリアム・ブロックチェーン全体にプライバシー、スケーラビリティ、セキュリティをもたらすために設立された団体。

EEAは今回立ち上げたプロジェクトについて、「調和と相互運用性を推進するオープンブロックチェーン仕様を開発することを意図とするメンバー駆動型の標準化機関」だとし、企業によるトークン採用を本格化させることを目的に、各産業間共通の一般的な言葉でトークンを定義すること目指すとしている。

メンバーは、グローバルコンサルタントのアクセンチュアや主要銀行系のサンタンダー、JPモルガン・チェイス、ブロックチェーンインキュベイターのコンセンシス、 4大会計事務所の一つ、アーンスト・アンド・ヤング、ハイテク大手インテル、マイクロソフト、IBM、ブロックチェーンコンソーシアムのR3、国際シンクタンクのザ・ブロックチェーン・リサーチ・インスティテュート、ブロックチェーン研究開発のクリアマティクスなど。

EEAのロン・レズニック代表は、用語の標準化をすることで、企業のブロックチェーンアプリ内で「一連のモノ、金融資産、証券、サービス、価値、または、コンテンツ」として抵抗感なくトークンが使えるようになると期待している。

事業や開発者にとって土台となるよう、トークンの定義や関連用語の設定、トークンモデルのコンセプトや見通しを明確にすると同時に、ユースケースや分類、用語、技術仕様の標準化などにも取り組む。技術を標準化することで、複数のブロックチェーンプロトコル間の断片化をなくし、プラットフォームやユースケース間での相互運用ができるようになることを目指す。

同プロジェクトは、トークン定義ワークショップ(Token Definition Workshops)を通じて提供される教育的イニシアチブとともに「トークン分類化フレームワーク(Token Taxonomy Framework)も構成される。

昨年秋、EEAとハイパーレッジャーは、企業によるブロックチェーン採用をサポートするために、相互の組織に「アソシエイトメンバー」として参加すると発表していた。また、今年2月には中国オフィスを立ち上げるなど世界に拡大している。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版
原文 Ethereum Consortium Launches Token Initiative With Microsoft, JPMorgan Chase, Others

 

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B