プロ向け仮想通貨取引所「イートロX」が公開 ビットコインやXRP(リップル)など対応

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

プロ向け仮想通貨取引所「イートロX」が公開 ビットコインやXRP(リップル)など対応

プロ向け仮想通貨取引所「イートロX」が公開 ビットコインやXRP(リップル)など対応

プロ向け仮想通貨取引所「イートロX」が公開 ビットコインやXRP(リップル)など対応

英国の取引所イートロ(eToro)は、プロ投資家向け仮想通貨取引所「イートロX」を公開した。4月16日にコインテレグラフに共有されたプレスリリースで明かした。

イートロXは、安全で完全に規制された取引所だとしている。

現時点で、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH))、リップル(XRP)、ダッシュ(DASH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)の6つの仮想通貨を米ドルやユーロ、スイスフランなどの法定通貨に変換できる、37の取引ペアを提供している。今後さらに増やす予定だという。

また、8つのステーブルコインも公開しており、ニュージーランドドル(NZDX)、日本円(JPYX)、スイスフラン(CHFX)、米ドル(USDEX)ユーロ(EURX)英ポンド(GBPX)、豪ドル(AUDX)、カナダドル(CADX)に裏付けされているという。このステーブルコインはイートロXで発行され、管理されるという。

イートロの共同創設者でCEOのヨニ・アッシア氏は、今回のプラットフォームは仮想通貨投資の幅をさらに広げるとし、以下のように述べている。

「仮想通貨やトークン化資産を、さらに多くの人々が信頼して取引できるようにしたい。これが未来の金融。いずれブロックチェーンが、トークン化を通じて、従来の金融サービスを飲み込みだろう」

アッシア氏は、金融サービスは最終的にはブロックチェーンへと移行すると考えており、芸術や不動産なども従来の資産区分もトークン化されるとしている。

今年3月にイートロは、米国におけるプラットフォームと仮想通貨資産ウオレットを正式に発表。同月後半にはさらなる資産のトークン化を進める意図で、スマートコントラクト開発企業ファーモを買収したと発表している

今月初め、カナダの仮想通貨取引所コインスクエアが、カナダドルと連動するステーブルコイン「eCAD」を発表した。また、ビットコイン25万ドル予想で有名なVCティム・ドレイパー氏がフェイスブックの幹部と面会し、仮想通貨プロジェクトに出資をするか話す計画だ、との報道もある

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版
原文 EToro Blockchain Division Launches Crypto Exchange for Pro Traders, Issues 8 Stablecoins

 

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B