リップルとイーサリアムが上昇、ビットコインの値動きとマイニング業者との関係性を考察|仮想通貨市況

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

リップルとイーサリアムが上昇、ビットコインの値動きとマイニング業者との関係性を考察|仮想通貨市況
 

リップルとイーサリアムが上昇、ビットコインの値動きとマイニング業者との関係性を考察|仮想通貨市況

仮想通貨ビットコイン市況

●XRPやETHなどのアルトコインが強さを見せるが、BTCはチャネル上限から反落

●BSVなどの通貨価格の下落がBTCの値動きにも影響する背景

仮想通貨ビットコイン市況

仮想通貨市場は18日、4月の高値圏でもみ合う展開を継続した。

堅調な推移で買いの強さを示しつつも、日本人投資家の心理的節目である60万円に厚い壁が存在する。一方で、時価総額の高いXRPやETHなどのアルトコインでは数%から10%弱の通貨が目立つなど、上昇ムードには依然強さも見られる。

XRPが一時39円まで高騰し前日比6%高を記録したほか、BNB(バイナンスコイン)が再度20ドル台に復調。バイナンスコインは、BNBのメインチェーンに当たるバイナンスチェーンがローンチ。BNBが基軸となるバイナンスDEXの見通しが確定するなど、ファンダメンタルズ要因が価格へ影響した。

ビットコインテクニカル分析

仮想通貨市場とマイニング業者の関係性

4時間足で確認すると、59万円のレジスタンスライン(青点線)で弾かれ、やや反落した。

三尊の右肩天辺付近にあるため、目先の下値余地はネックラインの56.5万円にある。底抜けた場合は、やはりオレンジ点線の5,000ドル(55万円)が強めのサポートになる。

現在は、上値・下値ともに切り上げ、「上昇チャネル」の上限付近にあることが見て取れるが、何度かワークしているセンターラインが58.4万円付近となるため、LかSかのエントリーポイントを探るのであれば、板を確認してみても良いかも知れない。

なお、11日にアセンディングトライアングル(左側:青三角)下抜けから急落したビットコインだが、右側のチャネルゾーンではローソク足の粗さが大幅に異なり、ところどころ乱高下はあるものの、ボラがマイルドになっている様子も見受けられる。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B