日銀金融レポート「キャッシュレス決済」は重要課題、将来の金融システム安定性維持のため

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

日銀金融レポート「キャッシュレス決済」は重要課題、将来の金融システム安定性維持のため
 

日銀金融レポート「キャッシュレス決済」は重要課題、将来の金融システム安定性維持のため

日銀の金融システムレポート
日銀金融レポートでは、⾦融機関の取り組み状況と、⾜もと幅広い取り組みが加速しているキャッシュレス決済の動きを整理。ビットコインなど仮想通貨市場にも影響の高い内容について、一部抜粋して紹介する。

日銀の金融システムレポート

⽇本銀⾏は、⾦融システムの安定性を評価するとともに、安定確保に向けた課題について関係者とのコミュニケーションを深めることを⽬的として、⾦融システムレポートを年2回公表している。

このレポートでは、⾦融循環や⾦融機関のストレス耐性について定期的に評価するとともに、⾦融システムの潜在的な脆弱性についてマクロプルデンス(金融システム全体のリスクの把握を重視して安定を図る政策)の視点から分析を⾏うものだ。

なお、この分析結果は、⽇本銀⾏の⾦融システムの安定確保のための施策⽴案や、考査・モニタリング等を通じた⾦融機関への指導・助⾔に活⽤している。また、国際的な規制・監督・脆弱性評価に関する議論にも役⽴てている。

2019年4⽉号の金融システムレポートでは、⾦融機関の取り組み状況と、⾜もと幅広い取り組みが加速しているキャッシュレス決済の動きを整理している。

国際⾦融市場

世界的な政治的不確実性の⾼まり

日経平均株価

新興国市場の動向

キャッシュレス社会の課題分析

日銀は、「国際⾦融市場では、昨秋から同年末にかけて、⽶中間の通商問題や欧州情勢など、世界的な⾦融経済活動を巡る政治的不確実性が意識されるもとで、投資家のリスクセンチメントが悪化した」として、以下のように分析した。

リスクセンチメントが悪化した結果、⽶欧の⻑期⾦利は低下し、株価は⼤きく下落したほか、社債などクレジット市場の資産価格も下落する場⾯がみられた。

⼀⽅、⽶国の政策⾦利引き上げ予想の後退等から、⼀部の新興国市場における不安定な動きは⼀服している。⾜もとにかけては、投資家のリスクセンチメントの持ち直しから、⾦融市場は全体として落ち着きを取り戻しつつある。

もっとも、先⾏きの⾦融経済に対する市場参加者の慎重な⾒⽅は残っている。とりわけ、上述した政治的不確実性の展開次第では、⾦融経済活動を巡る不透明感が意識され、国際⾦融市場が再び不安定な動きをみせる可能性に注意する必要がある。

⽶中の通商問題を巡る動向や、英国のEU離脱交渉の展開など、世界的に政治的不確実性が⾼い状況が続いている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B