XRP(リップル)で小売業決済が可能に、App StoreとGoogle Playでアプリ対応

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

XRP(リップル)で小売業決済が可能に、App StoreとGoogle Playでアプリ対応
 

XRP(リップル)で小売業決済が可能に、App StoreとGoogle Playでアプリ対応

XRP決済が可能に、App StoreとGoogle Playが対応
XRPL Labsが、App StoreとGoogle Play StoreでXRP決済を可能にするリテール用アプリ「XRPayments」をローンチした。ポイントオブセールスで小売業者がXRPを受け付けることができる。

XRP決済が可能に、App StoreとGoogle Playが対応

Ripple社が投資するスタートアップXRPL Labs社が、App StoreとGoogle Play StoreでXRP決済を可能にするリテール用アプリ「XRPayments」をローンチした。これによりXRP加盟店やユーザーが一気に拡大すると期待されている。

iOSおよびAndroid対応で、互換性のあるデバイスを即座にPOSシステム(販売時点情報管理)に変換するため、小売業者はXRP決済に対応できるようになる。また通貨コンバーター内蔵で、事実上世界中のユーザーが即座に法定通貨からXRPへの変換を計算できるなど利便性も高い。アプリは両ストアから無料でダウンロードできる。

このアプリの特徴のひとつは、送金額を送金者が自分で入力する点だ。送金額を利用する通貨で入力するとXRPに変換される。これに対し、送金する仮想通貨の金額が自動入力される他の多くのアプリと比較すると「利便性が低い」というSNSユーザーからの指摘があった。XRPL Labs社の創設者であるWietse Wind氏は金額の自動入力機能をあえて省略した理由について、「自動入力では100%顧客をサポートすることができないため」と、ユーザーサポートを最優先するスタンスを示した。

「XRPL DEX」との統合やSkypeとの提携の可能性も

3つのXRPプラットフォームも開発中

Wind氏によると、XRPaymentはオランダで開催されるXRPのミートアップで利用されるという。また将来的に同アプリを「XRPL DEX」と統合し、マーチャントが直接法定通貨をIOUに変換できるサービスの開始も視野に入れていることを示唆した。

さらには「XRPコミュニティがSkypeクレジットやその他の有料オプションに仮想通貨決済を利用できるようにするために、XRP Tip Botを介してXRPを採用するようSkypeに求めている」との意見が増えており、スカイプ運営側は仮想通貨の採用を前向きに検討しているとされた。

XRPL Labsは今年1月にオランダで設立されたばかりの「コラボレーティブ・プロジェクト」で、翌月のシードラウンドではRipple社の投資部門であるXpringから資金を調達した。金額は非公開だが、今後2~3年にわたりXRPL Labsが開発に専念できるのに十分な金額だと推測される。

同社は現在、以下の3つのXRPプラットフォームも開発中だ。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B