ベラルーシの大統領、ビットコイン・マイニング専用施設の開発支援を強調-仮想通貨ニュース

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ベラルーシの大統領、ビットコイン・マイニング専用施設の開発支援を強調-仮想通貨ニュース

ベラルーシの大統領、ビットコイン・マイニング専用施設の開発支援を強調-仮想通貨ニュース

ベラルーシのアレクサンドル・ルカシェンコ大統領は、ビットコイン・マイニング専用の開発支援を決定したという。国営通信社BeITAによると、大統領は最近、ベラルーシのIT部門ハイテクパーク(HTP)のメンバーと会議を開き、デジタル経済への移行について検討しました。

東欧に位置するベラルーシは、フィンテック革命へ積極的な参加を示しています。ルカシェンコ大統領は1994年以来政権を握っており、欧州では「ヨーロッパ最後の独裁者」の異名をとっています。彼を支持する人々からは「バトゥカ」(父の意味)と呼ばれ、尊敬されています。

会議でルカシェンコ大統領は、ベラルーシのIT部門ハイテクパーク(HTP)のメンバーに対し、要件とニーズを提示するよう依頼したという。BeITAによると、大統領は以下のように述べています:

「ハイテクパーク(HTP)は私が作り、可能な限り私の手であなたが必要なものを創造しました。今、HTPは成長して、我々が今後どこへ進むべきかを提案し始めています。私たちはこの方向に、HTPが望む限り効果的に前進するつもりです。」

「HTPは、仮想通貨、仮想通貨取引所、暗号マイニング・ファームなどを必要としている。その方向へ支援します。」

ルカシェンコ大統領は、誠実さと礼儀正しさがすべての核心であるべきだと指摘し、国がこの分野を支援する事を確認しました。

「必要とするものは何でも私たちに話してください。国はいかなる問題でも解決します。そして、HTPは法律などを推進する必要はありません。」

別のメディアMiner Updateは、ルカシェンコ大統領がベラルーシの原子力発電所に直接隣接するマイニング・ファーム専用のデータセンターの設立を計画していると報じました。ファームは2019年末までに本格的に操業を開始する予定で、ビットコイン採掘と取引活動を目的としたインフラを確保することを、大統領は約束したという。

さらにルカシェンコ大統領は、ベラルーシのフィンテック・セクターの成長のために、専用のデジタルエコノミー産業を形成する必要性についても検討します。この最終決定は、2019年第2四半期中の見込みとされています。

大統領は新たな措置により、ベラルーシの革新的技術の推進者としての立場を示そうとしています。ハイテクパークの設立は、石油やガスへの経済的依存を減らすための国の努力と見なされています。ビットコインと仮想通貨の人気の高まりを反映して、絶えず成長する技術革命を積極的に取り入れようとしている可能性があります。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B