『ブロックチェーンエンジニア』令和時代に給与が上がりそうな職種、第4位に

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

『ブロックチェーンエンジニア』令和時代に給与が上がりそうな職種、第4位に
 

『ブロックチェーンエンジニア』令和時代に給与が上がりそうな職種、第4位に

令和時代に給与が上がりそうな職種4位にブロックチェーンエンジニア
大和ネクスト銀行のアンケート調査で、令和時代に平均給与が上がりそうな職種3位にYouTuber、4位にブロックチェーンエンジニアがランクインした。LinkedIn調査の米国の求人トレンドでは、前年度の圏外から2018年度には1位に急伸している。
ブロックチェーンとは
「ブロックチェーン」とは、ビットコインの中核となる「取引データ」技術のこと。
取引データ(履歴)である複数のトランザクションをまとめたものを「ブロック」と呼び、そのブロックが連なる鎖のように保存された状態を「ブロックチェーン」と呼ぶ。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

令和時代に給与が上がりそうな職種4位にブロックチェーンエンジニア

大和ネクスト銀行の「ポスト平成時代」のアンケート調査によれば、令和時代に給与が上がりそうな職種ランキング3位にYouTuber、4位にブロックチェーンエンジニアがランクインした。

ブロックチェーンエンジニアの需要拡大する背景としては、仮想通貨やブロックチェーン自体が新興技術であり、普及に伴い、導入案件(需要)に増加数に対して専門知識と実務経験を持つエンジニアの絶対数(供給)が、大幅に不足している現状がある。

マネックスグループの事業戦略説明会で、「(仮想通貨交換業に限らない、クリプトアセットを使用した新サービス開発について)対応できるブロックチェーンエンジニアを60数名擁している」と言及されたコインチェックなどの国内の仮想通貨交換業者を始め、メガバンクなど大手企業が導入を進めるデジタル通貨事業やdAppsゲームの関連領域でも、高度な金融知識やブロックチェーン技術のノウハウを持つ人材が求められており、この傾向はますます拡大していくものと考えられる。

米国の求人トレンドで1位に浮上

ブロックチェーンエンジニアの世界大会

世界最大級のビジネス特化型SNS「LinkedIn」が昨年12月に公表した、2018年度の米国内の求人トレンドに関する調査結果「The Emerging Jobs Report」では、利用者のデータを分析し、米国において著しく求人が伸びている分野を調査、ランキング方式で発表している。

日本では、まだあまり馴染みのない職種であるブロックチェーンエンジニアだが、つい先日オーストラリアのシドニーで、イーサリアムの開発を支える開発者のための世界大会「EDCON2019」が開催された。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B