米ナスダック、取引プラットフォームでビットコイン取引をテストか-仮想通貨ニュース

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米ナスダック、取引プラットフォームでビットコイン取引をテストか-仮想通貨ニュース

米ナスダック、取引プラットフォームでビットコイン取引をテストか-仮想通貨ニュース

世界第2位の証券取引所であるナスダックは、そのプラットフォームでビットコイン(BTC)ベースの商品の取引をテストしている事が伝えられています。

定量取引分析サービスStrongMarketのアナリスト@Cryptopolisは、年間収益55億ドルの金融仲介会社TD Ameritradeのアカウントを通じて1ビットコインを購入したとツイートしました。プラットフォームでティッカーシンボル「CXERX」に基づいて、BTC / USDの取引ペアが2019年4月10日以来取引できていると付け加えました。

しかしすぐに、TDAmeritradeのサポートが、これは実際の取引ではなくペーパートレーディング(架空取引)によるテストだと指摘。この問題について、これ以上の情報はまだ開示できないと述べたようです。

2018年後半に、ナスダックは2019年第1四半期にビットコイン先物を発売すると発表していたため、Cryptopolisの主張には説得力があります。

2019年2月にナスダックはGIDSデータフィードで、市場データ会社ブレイブ・ニュー・コイン(BNC)の仮想通貨インデックスービットコイン・リキッド・インデックス(BLX)とイーサリアム・リキッド・インデックス(ELX)ーの提供を開始しました。

TDAmeritradeのテストについては、ライトコイン(LTC)の創設者であるチャーリー・リー氏も支持しています。TD AmeritradeのプラットフォームThinkOrSwimで、ビットコインだけでなライトコインもテストしていると述べました。

リー氏はさらに、「今のところ、ThinkOrSwimでペーパートレーディングだけが利用可能だ。CXERXで検索するとBTCとLTCが見つかります。」と述べました。

仲介プラットフォームTD Ameritradeは、25,000ドルの最低口座要件で適格投資家に金融商品取引サービスを提供します。その顧客規模は最大1,100万人とも伝えられています。TD Ameritradeは、以前に新しい仮想通貨取引所ErisXへの出資を発表していました。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B