ナスダックの仮想通貨模擬取引の正体は? 新情報から見えた可能性と今後のシナリオ

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ナスダックの仮想通貨模擬取引の正体は? 新情報から見えた可能性と今後のシナリオ
 

ナスダックの仮想通貨模擬取引の正体は? 新情報から見えた可能性と今後のシナリオ

ナスダックの仮想通貨模擬取引の正体は?
本日情報が公開されたEris Xが仮想通貨の現物取引を一部機関を対象に試験的に提供しているとの内容から、ナスダックの模擬取引と多くの類似点があることが見えてきた。公開情報を基に、ナスダックを通したビットコイン取引の可能性と今後起こりうるシナリオを考察した。

ナスダックの仮想通貨模擬取引の正体は?

想定できるシナリオ

機関投資家向けの仮想通貨取引所Eris Xが新たに現物取引を一部機関を対象に提供していることが明らかになった。仮想通貨メディアThe Blockが関係筋の情報として報じた。

この発表に見えてきた動きとして、この現物取引の提供が先日明らかになったNasdaqのペーパー取引の正体なのではないか?ということだ。というのも、Eris Xのビットコイン取引がTD Ameritradeを通じて取引ができるなど類似点が多く確認されている。

ナスダックで取引が確認されている仮想通貨のペーパートレードペアとEris Xの取引テストの類似点は以下の通り。

これはライトコインの創設者であるチャーリー・リー氏も情報を確かなものだと述べていた。

なお、この2銘柄はEris Xの対象銘柄として含まれている。現段階でEris X上で取り扱われることが確認されている仮想通貨は以下の通り。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B