上値の重いビットコインコイン、今後の展望は?GWのフラッシュクラッシュに警戒感も|仮想通貨市況

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

上値の重いビットコインコイン、今後の展望は?GWのフラッシュクラッシュに警戒感も|仮想通貨市況
 

上値の重いビットコインコイン、今後の展望は?GWのフラッシュクラッシュに警戒感も|仮想通貨市況

仮想通貨市場

●ビットコインの重要ライン考察

●2019年始のフラッシュクラッシュと仮想通貨への影響は?

●NASDAQの仮想通貨デモトレードに関する続報

金融市場と仮想通貨

本日の東京株式市場は、前日比107円高の2万2307円に。

仮想通貨(ブロックチェーン)関連株は、決算発表したマネックスの19年3月期の連結利益が、前期比79.3%減の17.9億円に落ち込んだことで、後場から一時急落するも、大引けにかけて買い戻され、前日比同値で取引を終えた。

ビットコインテクニカル分析

フラッシュクラッシュに警戒感

NASDAQの仮想通貨デモトレードに関する続報

免責事項

61.7万円付近で一旦は持ち直したものの、戻りを叩かれて続落。12日より形成している上昇チャネル内に回帰する形で、上値を切り下げている。

24日時点で下げ止まった地点は、11日の高値と水平線で結んだラインにあり、時間足で3度目の防衛に成功(25日19:00時点)するなど、ツッコミショートが焼かれる底堅い値動きも見せている。上下ともに優位性を見出すのは困難な状況で、半端な位置で無理にエントリーする必要はないだろう。

この先の展開予測としては、チャネルサポート割れで下限までいくケース(白矢印)が挙げられるが、この場合は、60万円の支持線と59万円(青点線)がサポートされやすい。もちろん、思わぬネガティブサプライズや大口の仕掛けなどがあれば、一気に貫通する可能性もあるので慢心は禁物と言える。

逆に、ここから反騰してチャネル上限上抜けに成功すれば、25日時点で57.7万円付近にある25MA乖離率を調整した上で、結果的に上昇トレンドの押し目となるケース(青矢印)も考えられる。この場合は、急落後の直近高値である61.5〜62万円を抜けて定着出来るかどうかが焦点となりそうだ。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B