マネータップは米リップル社の出資受入検討、法改正後に大きく動く仮想通貨ファンド事業とは|SBI決算説明会

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

マネータップは米リップル社の出資受入検討、法改正後に大きく動く仮想通貨ファンド事業とは|SBI決算説明会
 

マネータップは米リップル社の出資受入検討、法改正後に大きく動く仮想通貨ファンド事業とは|SBI決算説明会

SBI決算説明会
SBI代表の北尾氏は、今夏に本格始動予定のSBIVCや新役員になった米リップル社およびXRPの展望のほか、法改正後にSBI証券などで検討する「STO」を通じた大規模資金調達や仮想通貨ファンド事業についても説明した。

SBI決算説明会

SBIホールディングスは26日、都内で決算説明会を開催した。

本記事では、決算資料(2019年3月期)の内容を元に、北尾社長の事業説明内容を抜粋して紹介する。

19年3月期の売上高(収益)は前期比4.3%増、連結税引き前利益は、前期比15.6%増の830億円と6期連続増収となった。

SBIホールディングスはネット証券の中でも群を抜いた成長率を誇っており、リーマン・ショック以来の通期赤字(1000億円)に転落した野村証券など、大型証券会社の凋落ぶりとは対照的だ。

決算内容

SBIVCについて

仮想通貨ファンド事業について

マイニングチップ製造会社について

マネータップについて

XRPおよびRipple社について

時代に即応した変化が求められるとした。

また、SBIグループ全体の運用資産は、2018年9月に1兆円を突破。2〜3年以内の運用資産5兆円水準を目指すとしている。

SBIホールディングスは4月10日、若年層・投資初心者をターゲットとし、Tポイントとスマートフォンという身近なツールを活用した金融サービスを提供する「ネオモバイル証券」を開業。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B