IoTデータの民主化経済圏を目指す、シリコンバレー発ブロックチェーン企業 「Taraxa(タラクサ)」が、LONGHASH Japanとパートナーシップで日本市場進出へ

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

IoTデータの民主化経済圏を目指す、シリコンバレー発ブロックチェーン企業 「Taraxa(タラクサ)」が、LONGHASH Japanとパートナーシップで日本市場進出へ

IoTデータの民主化経済圏を目指す、シリコンバレー発ブロックチェーン企業 「Taraxa(タラクサ)」が、LONGHASH Japanとパートナーシップで日本市場進出へ

IoTデータの民主化経済圏を目指す、シリコンバレー発ブロックチェーン企業 「Taraxa(タラクサ)」が、LONGHASH Japanとパートナーシップで日本市場進出へ

株式会社LONGHASH(本社:東京都港区/代表取締役:Chris Dai クリス・ダイ)は、シリコンバレー発・ブロックチェーンプロトコル開発企業「Taraxa(タラクサ)」とパートナーシップを締結し、日本市場における開発者向けコミュニティーの運営を4月26日より開始する。

Taraxaは近日中に開発者向けSDK、並びにテストネットを公開予定だ。

Taraxaについて

Taraxaは、近年IoTデバイスのエコシステムにて問題視されているセキュリティーの脆弱性に着目し、ブロックチェーンを介したソリューションプラットフォームだ。(**参考文献: 総務省によるIoT機器調査及び利用者への注意喚起の取り組み「NOTICE」の実施)

IoTを活用し、社会生活の根本的な変革を目指すため日本政府も政策として進める「Society5.0Society5.0」。あらゆるものがインターネットに接続し、お互いが繋がりあうことで成り立つエコシステムだが、上述のような「セキュリティー」課題に対する解決策が求められている。

Taraxaが提供するプラットフォームはパブリックブロックチェーンを活用することで、分散型かつ自律的にIoTデバイス間のトランザクション処理速度の向上、並びにセキュリティー保護を可能とする。

また、IoTデバイスにおけるアセット所有権への活用など、多岐にわたるユースケースを見据えている。
 
Taraxaの開発に至った経緯と開発・運営メンバー

Taraxaのチームメンバーは、M2Mエコノミー(Machine to Machine)の未来に魅了された、各分野のスペシャリストが、テクノロジーの中心地シリコンバレーに集って2017年に設立された。

各メンバーはスタンフォード大学、プリンストン大学やブラウン大学などにて学術的に暗号・ブロックチェーン技術の研究を進めている。

Taraxaの日本市場に対する想い

M2Mの健全なエコシステム設計を目指す私たち。

日本は世界的に見てもIoTに関わる「ロボティクス」、「センサー」、「精密制作」などの諸分野において、世界でも突出した技術力・開発力を併せ持っており、とても魅力的な市場だ。

そのため同市場において、私たちが持つビジョンでもある「IoTデータの民主化」を目指すためにも、同様の想いを抱く企業・コミュニティー様と積極的にコラボレーションを実現し、目標達成していきたいと考えている。

ミートアップ開催のお知らせ

https://longhash.connpass.com/event/129482/

Webサイト: taraxa.io
ブログ: medium.com/taraxa-project
discord: discord.gg/WaXnwUb
reddit: www.reddit.com/r/Taraxa_Project/
telegram chat: t.me/taraxa_project
twitter: twitter.com/taraxa_project

 

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B