バイナンス・リサーチがライトコイン(LTC)半減期が与える4つの影響を解説

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

バイナンス・リサーチがライトコイン(LTC)半減期が与える4つの影響を解説

バイナンス・リサーチがライトコイン(LTC)半減期が与える4つの影響を解説

推定8月6日に、ライトコイン(LTC)は半減期を迎え、ブロック報酬は半分になります。Binanceリサーチは、この動きの影響を過去の半減期と比較して分析しました。

ライトコインのマイニング報酬が半分になると、価格に大きな影響が出る可能性があります。前回2015年8月のライトコインの半減期前の3ヵ月に、1.5ドルから3ドルへと200%以上急上昇し、7月中旬には7ドルのピークを付けました。

Binanceリサーチは、ライトコインの市場環境に基づいて、4つの相容れないシナリオを説明しました。

ヘッジ市場の欠如:ライトコインには、マイナーが価格エクスポージャーをヘッジできる流動性の高い市場がありません。その結果、採掘収益性は価格に大きく依存している。

取引手数料からの収入はブロック報酬と比較してごくわずか:ビットコインと比較して、Litecoinはオンチェーン取引数ははるかに少ない。マイナーの収益の大部分はブロック報酬から来る。

1、半減期前のハッシュレートの増加:報酬が少なくなる前に、LTCをなるべく多くマイニングしたいと考えるマイナーによりハッシュレートが増加する。実際に、ハッシュは今年の初めから2倍以上に増え、4月14日時点に350 THash /秒の過去最高レベルにあります。

2、半減期前の平均値に近づく価格の上昇:市場に供給されるLTCが減少すれば、マイナーによる売却圧力が低下し、半減期前よりも全体的に高い価格で安定する可能性がある。

3、採掘収益性の自己調整メカニズム:半減期を経て価格が上昇しなければ、マイナーはLTCの採掘を諦める。この場合、採掘難易度は低下し、マイニングは短期的に有益になる。一方、マイナーが減り、ライトコインの集中化が進めば最終的に51%攻撃のリスクが高まる。

4、採掘収益性の恒久的な下落:半減期後に価格が上昇しない場合、マイナーにとって採掘の採算水準が恒久的に下がる可能性がある。

2015年には半減期を経て、採掘収益性は長期的な均衡点に戻りました。結果として、採掘収益性は、長期中央値収益性(GH / secあたり約38 USD /日)を数パーセント下回りました。半減期前の価格上昇により、採掘収益性の低下が補われた形となっています。

一般に、仮想通貨の半減期は、マイナーが先立つ損失を補うために、価格の急上昇が期待されるイベントです。ライトコインの報酬が半分になり、マイナーが去ってハッシュレートを上げられない場合、ネットワーク全体のセキュリティは現在より低下します。

Binanceリサーチによると、価格回復の可能性は最も高いと考えられるが、現在の弱気市場のために懸念は存在します。同社は「過去の実績は将来の実績を示すものではない」と注記しました。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B