米ドルステーブルコイン「PAX」が1千万以上の新規発行|テザー問題がもたらす需要

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米ドルステーブルコイン「PAX」が1千万以上の新規発行|テザー問題がもたらす需要
 

米ドルステーブルコイン「PAX」が1千万以上の新規発行|テザー問題がもたらす需要

テザー問題で高まる規制下のステーブルコインの需要
テザーの不正発覚の影響を受け、ステーブルコイン「 Paxos Standard (PAX) 」が、18時間で1000万枚以上の新規発行。PaxosのCEOは急激な需要の高まりを指摘した。

テザー問題で高まるステーブルコインの需要

26日テザー(USDT)に関わる不正発覚の影響を受け、18時間で米ドルのステーブルコイン「 Paxos Standard (PAX) 」の発行量が1000万を超える事態となった。PaxosのCEO Chad Cascarilla氏は、「昨日から一晩中、大量に発行がなされた」と話し、急激な需要の高まりがあったことを指摘した。

またCascarilla氏は、以下のようにも語った。

確実に(テザーの)ニュースが影響している。テザーや米ドルとPAXとの取引が顕著に見受けられるからだ。

我々は、PAXを事前に発行することはなく、取引高は市場の需要に比例して上下する。つまり、今回の上昇は、テザーのニュースを受けて市場からの需要が高まっていたことを示す。

今回判明しているだけでも、新たに13,737,199.87 PAXが新規発行され、3,354,741.74 PAXが買い戻しされている。

また、PAX以外にも、USD CoinやGemini dollar、DAIなど他のステーブルコインの価格も需要が増加。それらも米ドル価格を上回る格好となった。

「テザー事件」の経緯と新たな展開

株主の1人である中国のビットコイン億万長者Zhao Dong氏は、CoinDeskの取材に対し、BitfinexとTether双方へ「サポート的」であると話した。また米ニューヨーク州司法局の「消失した資産がBitfinexとその顧客の混ざりである」との非難についても「全ての資産はクライアントに属するもの」と反論を明示した。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B