テザー問題で揺れる仮想通貨取引所Bitfinexが「IEO」を計画か 中国人株主が明かす

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

テザー問題で揺れる仮想通貨取引所Bitfinexが「IEO」を計画か 中国人株主が明かす
 

テザー問題で揺れる仮想通貨取引所Bitfinexが「IEO」を計画か 中国人株主が明かす

Bitfinexが「IEO」を計画か
テザーの裏付け資産問題の渦中にある仮想通貨取引所Bitfinexが、資金調達として自社トークンセールのIEOを予定していると中国人株主が明かした。

Bitfinexが「IEO」を計画か

テザー問題の渦中にいる仮想通貨取引所Bitfinexが、自社の取引所トークンセールとしてIEO(Initial Coin Offering)を計画している可能性が浮上した。目標調達金額は10億ドルだという。ビットコインビリオネアでも知られる中国人投資家であるDong Zhao氏(@zhaodong1982)がWeiboに投稿した内容のスクリーンショットをZirui氏(@zirui_z)が公開したことで明らかになった。

Dong Zhao氏は、Bitfinex社の株主としても知られる人物で、情報の信ぴょう性が高いと見られている(Bitfinex公式からの発表は現在確認できず)。

今回のIEO実施がなぜ投資家の中で焦点になっているかは、Bitfinexの親会社iFinex社と米NY州司法長官がステーブルコイン「テザー(USDT)」の裏付け資産を巡り争っている動きがあるためだ。

しかし、Bitfinex側のCEOなどが「該当する資金は世界各国の当局によって差し押さえられているものの、紛失したわけではない」と資産の安全性を高く主張しているため、資金調達を目的としたIEO(自社トークン販売)が実施される予定であったことが明らかになれば、Bitfinex側の主張が間違っているとの懸念が再燃する可能性がある。

現在、USDTなどの価格解離の状況は5日を経て収束に向かっているが、焦点となるiFine側と米NY州司法長官の主張の進展が、相場の上値を重くしている動きであるため、このIEOの実施に関する内容にも新たな注目が集まるかもしれない。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B