米商品先物取引委員会の元幹部で仮想通貨擁護者のバート・チルトンが58歳で死去

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米商品先物取引委員会の元幹部で仮想通貨擁護者のバート・チルトンが58歳で死去

米商品先物取引委員会の元幹部で仮想通貨擁護者のバート・チルトンが58歳で死去

米商品先物取引委員会の元幹部で仮想通貨擁護者のバート・チルトンが58歳で死去

米商品先物取引委員会(CFTC)の元幹部であり、仮想通貨の擁護者として知られるバート・チルトン氏が、58歳で突然の病で死去した。米テレビ局RT アメリカが4月27日に報じた

チルトン氏は、1985年から1995年まで米議会下院の議員、2007年から2014年までCFTCのエネルギー・環境諮問委員会およびグローバル市場諮問委員会のコミッショナーを務めた。

その後同氏は、規制および公共政策問題の上級政策アドバイザーとして法律事務所DLAパイパーに参画。RTアメリカの金融番組「ブーム・バスト」の司会者としても知られていた。

作家であり、金融、政治、および政策の作成者でもあるチルトン氏は、しばしば仮想通貨およびブロックチェーン業界に対して、自らの意見を述べていた。2017年には、仮想通貨ビットコイン(BTC)について「スキャムでも詐欺でもない」、「人々は実際にビットコインを使って物を購入している」と発言し、擁護した。さらにBTCの可能性について、次のように述べた。

「BTCは持続可能であると思う。しかしその価格は持続可能であるかどうかは分からない。(中略)人々がBTCに対してお金を支払う意思があるなら、需要はある。」

チルトン氏はまた、仮想通貨規制の整備を積極的に支持しており、2017年後半のBTCの高いボラティリティについて、規制が本当に必要なことを示していると主張した

2019年1月、チルトン氏はフォーブスで「2019年の仮想通貨の善、悪、醜さ」と題する記事を執筆し、仮想通貨業界と1960年代のクリント・イーストウッド氏の映画との類似点について詳述した。チルトン氏は記事の中で、仮想通貨が、市民のさらなる経済的自由への道を開くことへの期待を示した。

またチルトン氏は、2019年3月に開催された香港ブロックチェーンウィークでは、「ブロックチェーンドリーマーと竹の性質」というビデオを発表。ブロックチェーンの様々なユースケースと潜在的な使用法について、「竹と比較しながら」自らの考えを述べた。

2018年10月、先に挙げた番組ブーム・バストでは、「銀行はブロックチェーンのウォーミングアップをしている?」というインタビューに対して、「銀行は既存の金融システムの管理を維持しようとしている」ため、分散型台帳から距離を置きたいのだと主張した

翻訳 ロシアンOLちゃん
14歳の時に来日してから日本が好きになり、日本語の勉強を始める。大学卒業後、商社、PEファンドなどを経て、現在ではブロックチェーン産業に携わり、SNSでロシアや欧州のブロックチェーン、クリプト情報を発信している。

編集 コインテレグラフ日本版
原文 Former CFTC Exec and Crypto Advocate Bart Chilton Dies at Age 58

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B