ビックデータとブロックチェーンを活用し医療業界に革命を起こす仮想通貨プロジェクト「EMI」、5月20日にIEOによる資金調達を開始

ビックデータとブロックチェーンを活用し医療業界に革命を起こす仮想通貨プロジェクト「EMI」、5月20日にIEOによる資金調達を開始

ビックデータとブロックチェーンを活用し医療業界に革命を起こす仮想通貨プロジェクト「EMI」、5月20日にIEOによる資金調達を開始

仮想通貨プロジェクト「EMI」は、IDAXで日本時間2019年5月20日21:00と22:00の合計2ラウンドでIEOをローンチします。ユーザーはIDAXを通じて直接EMIトークンの購入が可能です。

IEOは日本時間2019年5月20日21:00より1ETH:666EMIで900,000EMI分を、日本時間2019年5月20日22時より1ETH:666EMIで1,500,000EMI分、合計2,400,000 EMIトークンをIDAX登録会員向けに販売されます。

また、同取引所への上場は日本時間2019年5月25日22時を予定しています。

EMIプロジェクトとは、EMI財団が発行するEMIトークンと、ブロックチェーン技術を活用した世界初の医療情報プラットフォームを用いて、世界共通となる医療・ヘルスケア決済プラットフォームを創造するプロジェクトです。

医療と AI のビックデータは現在、2000億ドルの市場規模であり、2020年には5兆ドル(約500兆円)の市場になると予想されています。
成長著しい市場の中で、課題とされるのはサイバーセキュリティ、いわゆる個人情報の保護です。

ブロックチェーンを活用して医療ビックデータの管理を実現することができれば、スマートフォンやPCでの管理はもちろんのこと、ブロックチェーンを活用したプラットフォームを使用して予約から決済まで全て完了し、病状の判断や薬の処方を的確に提供することができます。

さらにEMI foundationは、日本の大手医療情報管理および、集約を手がけている「EST corporation(エストコーポレーション)」と第1号パートナーとして提携しています。
EST corporationは1000万件以上の医療データを保有しており、1.6万の医療機関との取引実績があります。さらに今後、日本で問題視されている「少子高齢化社会」に対応できるように福祉施設の医療データを約500施設から収集しています。

IDAX(www.idax.pro)は、GBC(Global Blockchain Research Center)発の国際的仮想通貨プラットフォームです。IDAXは2017年に設立され、数ヶ月以内にコインマーケットキャップでトップ10にランクインしました。世界中のIDAXユーザーに便利で安全で高速な仮想通貨取引サービスを提供しています。

IDAXはプラットフォームのすべてのユーザーを尊重し、長期的な観点からユーザーとの関係構築を目指します。世界をリードする取引所の一つとして、私たちは取引所によって生み出され、そして促進された初めてのユーザーのコミュニティシステムを構築するよう努めます。私たちのプロダクトとサービスがユーザーの生活の一部となることで、ユーザーと社会に喜びとより多くの機会をもたらします。

2019年からは新しい資金調達方法であるIEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)を開催しています。
トップ画面の「Foundation」をクリックするとIEOの購入画面に移動することができるので、チェックしてみましょう。その他の機能でも、「Blink」と呼ばれる「ハイ・ロー(ハイ&ロー)」のトレーディング機能が搭載されています。仮想通貨トレードはもちろん、様々な機能が搭載された仮想通貨取引所となっています。

EMI foundation公式サイトはこちら
Twitterはこちら
仮想通貨取引所IDAXはこちら

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B