リップル、イーサリアムが続伸、主要アルトコインが2ケタ増|コンセンサス会議が勢いに拍車をかける

リップル、イーサリアムが続伸、主要アルトコインが2ケタ増|コンセンサス会議が勢いに拍車をかける

リップル、イーサリアムが続伸、主要アルトコインが2ケタ増|コンセンサス会議が勢いに拍車をかける

16日午前、ビットコイン(BTC)は一旦落ち着く中、上位の仮想通貨(アルトコイン)は一様に利益を上げています。時価総額2位のイーサリアム(ETH)は前日比14%、3位のリップル(XRP)は17%上昇。日本や欧州で人気の高いネム(XEM)も15%成長しています。

ニューヨークで開催中の大規模な会議「コンセンサス2019」に参加している、テゾス(XTZ)、コスモス(ATOM)とトロン(TRX)は、それぞれ過去24時間で20%、16%、15%成長しています。

ラグジュアリ-ファッションブランドALYXとサプライチェーン管理で提携を発表したアイオタ(IOTA)は20%高。Binanceが所有するウォレット「Trust Wallet」に統合されたオントロジー(ONT)は7.5%高となっています。さらにHuobiウォレットは、ONTのステーキング対応を発表しています。

過去1週間で40%上昇したビットコイン(BTC)が横向きに推移して以降、上位アルトコインは一斉に勢いを増している様です。ETHは過去1週間で44.6%、XRPは52.7%成長しています。2つの資産は「コンセンサス2019」で大きな注目を集めています。

投資プラットフォームeToroのシニアマーケットアナリスト、マチ・グリーンスパン氏は、「XRPが今回のパーティーに参加するにはしばらく時間がかかりました。他の大型のアルトコインとは異なり、(今年初頭の)アルトシーズンに急増するチャンスはありませんでした。」と顧客向けのノートに書いています;

「一方で、昨年11月に仮想通貨市場の他のコインが減少した時期も、大幅な急落は見られませんでした。xRapidプラットフォームが9月にリリースされた時の大規模な急上昇のおかげで、XRPあたり0.25ドルでサポートが働いた。」

グリーンスパン氏はまた、1週間の突然の急上昇を見せたビットコイン(BTC)は、「何らかの揺り戻し、または少なくとも調整」を迎えるかもしれないと警告しました。

コンセンサス2019のCoinDesk Liveセッションで、イーサリアムの共同開発者ジョセフ・ルービン氏は、ビットコイン・コア開発者のジミー・ソン氏に50万ドル相当の仮想通貨を贈りました。この「成果を得るための投資」はコミュニティの支持を得て、イーサリアムの価格は更に後押しを受けました。

ブロックチェーンウィークNYCとコンセンサス2019イベントの今年の注目の講演者には、フィデリティのアビゲイル・ジョンソンCEO、ツイッターとスクエアのジャック・ドーシーCEO、米国証券取引委員会のジェイ・クレイトン委員長、そして米国大統領選挙民主党候補のアンドユー・ヤン氏がいます。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B