仮想通貨市場の資金流入が『ビットコインからアルトコインへ』 注目ポイントと高騰の裏側

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨市場の資金流入が『ビットコインからアルトコインへ』 注目ポイントと高騰の裏側
 

仮想通貨市場の資金流入が『ビットコインからアルトコインへ』 注目ポイントと高騰の裏側

アルトコインに資金流入
仮想通貨市場の高騰を受け、マネーフローベースで複数の変化が起きている。今回は、今起きているアルトコインへの資金流入などから注目ポイントとデータから見る資金の動きを解説。

アルトコインに資金流入

仮想通貨市場は、全体の時価総額が28兆円(約2540億ドル)まで急回復し、2018年8月以来の高水準に達している。4月1日から計算すると10兆円強の市場規模が拡大した。底値打ちからの明確なトレンド形成で急速に仮想通貨市場へと資金が戻ってきた事を示すデータである。今回はこのマネーフローを中心に考えた現在のマーケットを読み解く。

ビットコイン価格のトレンド性は2017年のバブル相場と崩壊後の長期下落相場で明らかだが、今回米中貿易摩擦など地政学的リスクで世界経済全体の先行きが不透明になったことを契機にリスクオフムードが強まる中で、金融市場に影響されずに価格を急進させたビットコインの値動き、少なくとも上昇トレンド時における値動きに対して、安全資産として同様の動きが確認された。この影響を見たマスメディアの報道が相次いだことで、金融市場から新たな注目が集まっている。

金融市場とのマネーフロー

市場内マネーフロー

またカストディアンの台頭やBakktの現物先渡し取引の実現予定を踏まえると、現時点で見方に変化が起きつつある今回の状況は、長期的な仮想通貨市場の時価総額の拡大に一役を担う可能性がある。

また、データ上で確認できるマネーフローに関しても見ていきたい。それは仮想通貨市場がこれまで一定のマネーフローベースができているためである。

下落トレンド時:①ビットコイン急落、②アルトコイン全般が追随、③ビットコイン続落、④アルトコインに高い下落率

これはトレンド性の強い市場の中で、ビットコインが中心となり、時価総額が通貨によって大きく異なるために生じた仮想通貨市場特有のマネーフローであるが、本日本日16日より市場内資金流入に変化をみると、再びこの流れに過去の再現性が見られている可能性がある。

まず本日のアルトコイン市場を見ていくと、ビットコインの騰落率に対して、主要通貨を中心に10%高を超える高い上昇率が確認されている。イーサリアムが日本円建て3万円、XRPが50円と心理的節目を超えてきたほか、XEM(ネム)は一時80%高を超える大暴騰を記録した。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B