新興国投資で伝説的な存在 モビアス氏が仮想通貨ビットコインの価値を見直す|匿名性への需要を認める

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

新興国投資で伝説的な存在 モビアス氏が仮想通貨ビットコインの価値を見直す|匿名性への需要を認める

新興国投資で伝説的な存在 モビアス氏が仮想通貨ビットコインの価値を見直す|匿名性への需要を認める

新興国投資で伝説的な存在 モビアス氏が仮想通貨ビットコインの価値を見直す|匿名性への需要を認める

「私が間違っていた」と認めたのは、英国の有名歴史家ニーアル・ファーガソン氏だけじゃないようだ。

伝説の投資家として知られるマーク・モビアス氏が、仮想通貨へのスタンスを変えた。

15日にブルームバーグのインタビューに答えたモビアス氏は、スムーズにプライベートで価値の移転を可能にする仮想通貨に対する世界的な需要が高まるだろうと発言。仮想通貨に対する以前からの慎重なスタンスを変えた。

「世界中の人々の中で、マネーを簡単に匿名で送金したいという需要は確かにある。こうした動きは、ビットコインや他のタイプの仮想通貨の後押しになるだろう」

ただ、モビアス氏自身は、ボラティリティ(変動幅)の高さを理由に仮想通貨への投資に対して二の足を踏んでいる。「それは違う話だ」とし、「最終的な責任を持つ個人やグループ、組織がいないこと」を理由にあげた。

モビアス氏は、新興国株への投資で名を馳せた投資家。かつては数十億ドル(数千億円)の資産を運用していた。2017年12月にはビットコインには価値がないという見方を示していた

仮想通貨の魅力として匿名性やプライバシーをあげる専門家は少なくない。

仮想通貨取引所ビットメックスのアーサー・ヘイズCEOは、「金融プライバシーが5年後になくなる」ことから、ビットコインへの需要が高まるだろうと予想している。

【関連記事:現代金融理論、ウーバーIPO、そして仮想通貨 ビットメックスCEO ビットコイン1万ドルの根拠を解説。長期では金融プライバシーが焦点

一方、ビットコインの匿名性向上は、業界内でも大きな関心事の1つだ。「ビットコイン開発者のコミュニティーでは、スケーラビリティよりも取引の秘匿機能とプライバシー性能が大事だという強い共通認識がある」という見方も出ている。

【関連記事:ビットコイン 次の戦場は「プライバシー」だ! キャッシュレス社会の権力抑制も|暗号学者アダム バック氏に聞く【令和と仮想通貨 Vol.2】
【関連記事:キャッシュレス社会で脅かされる個人の主権 仮想通貨に託される思いとは【令和と仮想通貨 Vol.1】

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B