ビットコイン今年最大のナイアガラにDumpの影、国内大手コインチェックには明るい兆しも|仮想通貨市況

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン今年最大のナイアガラにDumpの影、国内大手コインチェックには明るい兆しも|仮想通貨市況
 

ビットコイン今年最大のナイアガラにDumpの影、国内大手コインチェックには明るい兆しも|仮想通貨市況

仮想通貨市場

●BTC調整局面が続いた場合の下値余地は

●週足のRSIが2018年以来、およそ1年半ぶりの高水準に

金融市場と仮想通貨

17日の東京株式市場は、米トランプ大統領の「協議が順調に進んでいる」との発言から懸念が後退し、前日比187円高の21,250円と反発。中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)への制裁措置が取り沙汰されたことで上海株が軟調だったこともあり、上値の重さも見受けられた。

仮想通貨(ブロックチェーン)関連株では、コインチェックの口座申し込み件数が急増したことが報じられたマネックスグループが業績期待から3.59%高と反発したほか、ビットコイン市場トレンド転換の思惑買いが膨らんだことで、GMOやリミックスといった仮想通貨取引所関連銘柄も上昇を見せた。

ビットコインテクニカル分析

大口投資家による”Dump”の指摘

足元では仮想通貨関連企業に恩恵も

免責事項

株式市場の格言には、世界三大瀑布を示唆する相場の”ナイアガラ”時において、『落ちるナイフは掴むな』というものがある。急落時の逆張りは諸刃の剣というものだ。スキャルピングの達人でもない限り、ボラ急上昇時に安易に手を出すと大ケガをするリスクが高いので、特にFXトレードの際の維持率には気を付けたい。

2018年以来、およそ1年半ぶりの水準に達していることがわかる。2017年のバブル相場でもこれを超える数値を叩き出したのは、1BTC=200万円を超えた2017年12月と、バブル初動で第一弾アルト祭りにも発展した2017年5月の2回しか存在しない。

そのほか、25日移動平均(オレンジ線)との上方乖離率も急拡大していたほか、BFやfinexなどの需給面も再逆転しかけていたことを踏まえると、100万円超えや1万ドル超えて”大相場入り”を目指すには、遅かれ早かれ相応の調整は必要不可欠だったように思われる。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B