気候変動への取り組み報酬に仮想通貨 国連事務局がW財団と協力

気候変動への取り組み報酬に仮想通貨 国連事務局がW財団と協力

気候変動への取り組み報酬に仮想通貨 国連事務局がW財団と協力

気候変動への取り組み報酬に仮想通貨 国連事務局がW財団と協力

国連気候変動イニシアティブ(UNFCCC)は、韓国拠点の非営利団体「W財団」と気候変動への活動において連携する覚書(MOU)に署名した。コインテレグラフに5月16日にプレスリリースが共有された。

覚書では、W財団のブロックチェーン基盤のゲームとモバイルソーシャルネットワークアプリ「HOOXI」を導入するとされ、温室効果ガス排出の削減の活動を推進し、仮想通貨での報酬の支払いもあるという。

HOOXIアプリでは、温室効果ガス排出の削減への取り組みを行ったユーザーに対してポイントが与えられる。ポイントに応じたユーザーランキングが作成され、毎月上位20%のユーザーに報酬として、仮想通貨「Wグリーンペイ(WGP)」が与えられる仕組みだという。iOS版とアンドロイド版のアプリがある。

UNFCCC事務局とW財団は2018年11月にこの取り組みを開始。HOOXIとは別に今回の覚書には、数々のプロジェクトがあるとされ、分散型台帳技術(DLT)の適応なども含まれる。

W財団は国際環境保全機関。韓国の行政機関、企画財政部から寄付団体として指定されている。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B