米仮想通貨取引所クラーケン、カナダ規制当局提案の証券枠組みに反論

米仮想通貨取引所クラーケン、カナダ規制当局提案の証券枠組みに反論

米仮想通貨取引所クラーケン、カナダ規制当局提案の証券枠組みに反論

米仮想通貨取引所クラーケン、カナダ規制当局提案の証券枠組みに反論

米仮想通貨取引所クラーケンは、カナダの証券管理局(CSA)と投資業規制機構(IIROC)が提案する仮想通貨規制に対して、反論する書面を公開した。クラーケンが5月16日に公式ツイッターでコメントした。

クラーケンは、CSAとIIROCが提案した枠組みについて、仮想通貨ではなく証券に対する規制だと、以下のように否定した。

「...(中略)ほとんどの信頼できる取引所は、保管機関や受託者として機能している。つまり、そこにある資産は法的に顧客に所有されているもので、取引所運営者のものではない。これは、究極的には、顧客の利益は保管する資産から派生するものではなく、資産そのものなのだ。この証券の法的枠組みは、つまるところ、こういった構造に対して不必要で不適切である」

クラーケンはまた、取引所ユーザーが仮想通貨を所有しているのだとする必須条件として4つの契約規定を記載し、こういった理由から仮想通貨は証券法ではカバーできないとした。

1、関係性は、本質的に保管上の関係の範疇(はんちゅう)であると示している。
2、顧客は同取引所でトランスファーすることにより、いかなるときに資産を引き出す権利がある。
3、資産の国庫への帰属。
4、銀行口座で顧客の資産を保持するにあたっては、銀行口座を「FBO (for the benefit of)」もしくは「保管の」口座もしくは同様の意味の言葉で題する。

クラーケンはまた、規制当局に関連する数々のセキュリティリスクについても触れ、ハンズオンの規制ポリシーの導入よりも自由競争主義的なアプローチが取引所分野の役に立つとしている。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B