2社合同ICOで約8億円の出口詐欺か ブロックチェーン系スタートアップの「姉妹企業」

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

2社合同ICOで約8億円の出口詐欺か ブロックチェーン系スタートアップの「姉妹企業」

2社合同ICOで約8億円の出口詐欺か ブロックチェーン系スタートアップの「姉妹企業」

2社合同ICOで約8億円の出口詐欺か ブロックチェーン系スタートアップの「姉妹企業」

中小企業向けの企業内データ取引システム「リパックス(RepuX)」、ギャンブル向けプラットフォーム「ジョイトークン(JoyToken)」が、仮想通貨の新規発行を用いた資金調達方法「イニシャル・コイン・オファリング(ICO)」を合同実施し、突然の事業停止などで投資家の資金を奪う出口詐欺(Exit Scam)を行ったことが分かった。テック系ニュースサイト「ザ・ネクスト・ウェブ(TNW)」運営の「ハードフォーク」が5月16日に報じた

リパックスとジョイトークンは、2018年3月と4月に、ICOプロモーションを実施し、それぞれ470万ドル(約5億2000万円)と330万ドル(約3億6000万円)を調達し、消えたという。ハードフォークによると、両社の計画は次のようなものだった。

「リパックスは、ブロックチェーン技術を採用した、中小企業向けの企業内データ取引システムを構築すると主張。ジョイトークンは、独自のJOYトークンを利用できる分散型ギャンブルプラットフォームの作成を目指していた。」

両社の英国拠点は、今週初めに閉鎖されたという。さらに両社関連のウェブサイトやSNS「テレグラム」上の両社チャンネルが閉鎖され、ツイッター公式アカウントも昨年から投稿されていない。

ジョイトークンCEOのアンドリュー・マクドナルド氏は、2018年初頭にツイッター公式アカウントでリパックスを「姉妹会社」と呼んでいたそうだ。ICOデータベース「ICOベンチ」によると、両社は、顧問としてリー・マーフィ氏とマテウシュ・マッハ氏の2名を共有していたという。

また両社は、仮想通貨関連マーケティング・サービスを展開する「アマジックス(AmaZix)」をコミュニティ管理に利用していた。しかし、両社が(両社ICOを一般ユーザーに推奨した)ICOプロモーターへの報奨金支払いを拒否したため、アマジックスは両社との関係を打ち切ったという。アマジックス上でのリパックスとジョイトークンの公式フォーラムでは、次のような発表がなされた

「トークンの売り上げが予想を下回る結果となったため、ICOチームは、参加者(ICOプロモーター)に対して当初設定された報酬金額を支払うことはない。」

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B