ボッシュ、IoTなど新技術への不安感をブロックチェーンの透明性が解消すると期待

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ボッシュ、IoTなど新技術への不安感をブロックチェーンの透明性が解消すると期待

ボッシュ、IoTなど新技術への不安感をブロックチェーンの透明性が解消すると期待

ボッシュ、IoTなど新技術への不安感をブロックチェーンの透明性が解消すると期待

電動工具・自動車部品メーカーのボッシュは、IoT(モノのインターネット)といった新技術・イノベーションに対する不信・恐れを解消する上で、ブロックチェーンおよび分散型台帳技術(DLT)が持つ透明性が積極的な役割を果たすことに期待を示した。同社による5月15日のプレスリリースで明らかになった

ボッシュは、IoTおよび関連する経済・決済で不可欠な要素として、ブロックチェーンおよび分散型元帳技術(DLT)を強調した。同社は「ブロックチェーンなど分散型台帳技術は、これら(IoTなど)の分野では主要な技術となる可能性がある」と述べた。

政府から献身的な新興企業まで、さまざまな組織がIoTにおけるブロックチェーン技術の可能性に取り組んでいる中、新たなテクノロジーやイノベーションに対する不信・恐れの解消に関して、オープンなプラットフォームが必要だという立場を同社は強く打ち出した。

ボッシュは、ブロックチェーンなどのオープンでボーダーレスな技術に対して、逆行的な反応がある点を懸念しているようだ。

今週ベルリンで開催された同社イベント「ボッシュ・コネクテッドワールド(BCW)」において、ボッシュCEOのフォルクマル・デナー氏は、「デジタルエコシステムに対する信頼を築くには、オープンなプラットフォームとユーザー本人が自分で決める権限を備えたインターネットが必要だ」とコメントした。

またボッシュは、5月16日に初開催されたデジタルシステムに対する信頼・安全性に関する国際会議「デジタル・トラスト・フォーラム(DTF)」を主導。同社取締役会メンバーで、CDO(最高デジタル責任者)およびCTOのミヒャエル・ボレ氏は、「デジタルイノベーションに対する圧倒的な反応が不信と恐れであるという状況を、受け入れることはできない」と述べた。またボレ氏は、次のように加えた。

「DTFの目的は、インターネット上で提起された信頼関連の問題について議論するため、まず専門家間で開かれた対話を開始することだ。」

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版
 

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B