米コーネル大教授、独自仮想通貨アバを発表 取引スピードはVISA並み

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米コーネル大教授、独自仮想通貨アバを発表 取引スピードはVISA並み

米コーネル大教授、独自仮想通貨アバを発表 取引スピードはVISA並み

米コーネル大教授、独自仮想通貨アバを発表 取引スピードはVISA並み

コーネル大学教授でブロックチェーン専門家としても知られるエミン・ギュン・シラー氏が、独自の仮想通貨とブロックチェーン「Ava」を発表した。ブルームバーグが5月16日に報じた

コンセンサスアルゴリズム「PoW(プルーフ・オブ・ワーク)」に基づく最初のデジタル通貨とされる「カルマ(KARMA)」開発者でもあるシラー氏。同氏は現在、決済大手VISAと同様のトランザクション承認時間(1.35秒)で処理を実行できる「アバ(Ava)」を計画しているそうだ。

ブルームバーグによると、シラー氏が率いるスタートアップ企業「アバ・ラボ(Ava Labs)」は2019年2月、著名VCのアンドリーセン・ホロウィッツ氏、仮想通貨ヘッジファンドのポリチェーンおよびメタステーブルといった大手投資家から600万ドル(約6億6000万円)を調達。5月16日にはAvaのプライベートテスト版を立ち上げたそうだ。数ヵ月内に一般公開予定で、その際に最初のコインが発行されるよう設定しているという。

シラー氏は、Avaではトランザクションの承認時間として1.35秒を達成しており、「まだ不可能だ」とされるアプリケーションを可能にすると主張。さらに、最終的な目標はすべての証明書をブロックチェーンに記録することだと付け加えた。

47歳のシラー氏は、コーネル大学の仮想通貨とスマートコントラクトに関するプロジェクト(IC3)で共同ディレクターを務めている。シラー氏は、誇大広告を元に買われる仮想通貨は「純粋な投機」だとし、「長期的に広く使われる」と信じる仮想通貨にだけ投資し、保有すべきと過去にツイートしていた

コインテレグラフは5月6日、仮想通貨とブロックチェーン技術の未来に対する学術上の見解について、シラー氏にインタビューを行った

翻訳 ロシアンOLちゃん
14歳の時に来日してから日本が好きになり、日本語の勉強を始める。大学卒業後、商社、PEファンドなどを経て、現在ではブロックチェーン産業に携わり、SNSでロシアや欧州のブロックチェーン、クリプト情報を発信している。

編集 コインテレグラフ日本版

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B