[cryptopack id="115"]

スイスの通信大手がアート作品をトークン化

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

スイスの通信大手がアート作品をトークン化

 

スイスの通信大手がアート作品をトークン化

2019/05/27 15:49

スイスの電気通信大手スイスコムは、トークン化されたアートを提供する計画を発表しました。

ホテルやレストランのディスプレイで使われているデジタルアートの多くは、著作権保護のシステムや配信プラットフォームの保証が十分ではなく、作品の多くは違法に使用されいるといいます。

このような状況を改善するために、スイスコムのインターナショナル・イノベーション・プログラム”Kichbox”から子会社化したスタートアップdloop が、アプリ”Noow”を立ち上げたとのことです。

作品の配信とアーティストへの支払いを同時に

同社が開発した”Noow”と呼ばれるアプリはERC721スマートコントラクトを採用するイーサリアムブロックチェーンを基盤とし、アート作品の認証を行うとのことです。

デジタル認証により、バイヤーやアーティストから購入者へアート作品の移行を価値の信憑性を損なうことなく簡単に行うことができるといいます。

またブロックチェーンソリューションを採用することで買い手の所有権を保護し、作品配信とアーティストへの支払いを同時に行うことができるとのことです。

トークン化された作品はスイスコムのテレビネットワークであるスイスコムTVを通じて提供されるとのことです。

スイスコムTVは、テレビスクリーンでアート作品を提供した最初のプロバイダーであるとのことです。

スイスコムTVによりセレクトされたアーティストの限定作品を独占提供するとのことです。

ブロックチェーン基盤のシステムを採用することで作品の著作権を保護しアーティストへの支払いも保証するとのことです。

スイスではアート作品へのブロックチェーン技術活用が進んでいるといいます。

参考サイト:
”https://www.coindesk.com/swiss-telecom-company-is-bringing-crypto-collectables-to-tv”
”https://www.swisscom.ch/en/about/news/2019/05/22-swisscom-tv-blockchain.html”

The post スイスの通信大手がアート作品をトークン化 appeared first on CRIPCY.

配信元:

 

引用元:https://cc.minkabu.jp/news/2677

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

コメントを残す

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。