リトアニア中銀会長、ブロックチェーン上で発行するデジタル法定通貨(CBDC)の利点・欠点を考察

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

リトアニア中銀会長、ブロックチェーン上で発行するデジタル法定通貨(CBDC)の利点・欠点を考察
 

リトアニア中銀会長、ブロックチェーン上で発行するデジタル法定通貨(CBDC)の利点・欠点を考察

リトアニア中銀会長、CBDCの利点・欠点を考察
欧州中央銀行の審議会にも名を連ねるキーパーソンが、ブロックチェーン上で発行するデジタル法定通貨(CBDC)の利点や懸念点を挙げた。現在の金融システムに大きな疑問を投げかける興味深い題目との見解を示している。

欧中銀の会長、デジタル版法定通貨の利害を考察

欧州のリトアニア中央銀行の会長であるVitas Vasiliauskas氏が、中央銀行の発行するデジタル法定通貨について言及していたことがわかった。欧州中央銀行の審議会にも名を連ねるキーパーソンが、デジタル法定通貨(CBDC)の利点や懸念点を挙げながら、今後も慎重に検討していく姿勢を示している。

Vasiliauskas会長は先月12日、米国首都のワシントンDCで開催されたカンファレンス「Managing The Soft Landing of the Global Economy」にてデジタル法定通貨が現在の金融システムに大きな疑問を投げかける興味深い題目だと言及。国の中央銀行がブロックチェーン上で法定通貨を発行した際の利点や懸念点について、以下のように指摘した。

Vasiliauskas会長は、このように中央銀行がデジタル版法定通貨(CBDC)を発行した場合、一部分野において効率化が図れると述べながらも、中央銀行がCBDCを発行するまでには乗り越えなければならない課題も複数残ると指摘。

具体的にはCBDCが一般的に利用された場合、そちらが銀行預金に代わりに利用され、中央銀行に一般市民の資金が中央銀行に集中するシナリオを想定。そうした場合、中央銀行が予算を拡大する必要性が生まれる可能性もあると述べた。

しかし、このように述べながらも、デジタル版法定通貨は「一般的な予備口座でも、仮想通貨でもない」新たなものだと説明。今後も欧州中央銀行は引き続き仮想通貨業界とブロックチェーン技術の進展を伺いながら、中央銀行が発行するデジタル法定通貨を検討していくとの姿勢を明らかにした。

すでに東カリブ中央銀行やマーシャル諸島など、小国政府の中央銀行などで積極的に検討されている。仮想通貨やブロックチェーン技術の普及において、今後も重要な動きとして注視していきたい。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B