世界4大会計事務所EY、ワインのブロックチェーンプラットフォームを共同発表

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

世界4大会計事務所EY、ワインのブロックチェーンプラットフォームを共同発表
 

世界4大会計事務所EY、ワインのブロックチェーンプラットフォームを共同発表

実用化の進むブロックチェーン技術
世界4大会計事務所アーンスト・アンド・ヤング(EY)の企業向けブロックチェーン技術が、ワインの品質管理や流通経路を管理するプラットフォーム開発に活用されることが発表された。

EY、ワインのブロックチェーンプラットフォームを共同発表

世界4大会計事務所の一つであるアーンスト・アンド・ヤングの企業向けブロックチェーンが、アジアのワイン企業Blockchain Wine社とワイン専用の独自プラットフォーム「TATTOO」を導入することが明らかになった

米国の歴代大統領(第25代と32代目)を輩出したルーズベルト一家の傘下企業が後押しする形で、ワインの品質管理や真贋性保証に活用していくこととなる。

EY OpsChainは、企業はサプライチェーン管理を簡素化し、デジタル契約、共有在庫および物流情報、価格設定、請求書発行、支払いをシームレスに統合できるように設計されており、これまでに食品や飲料をはじめとする製造業、ヘルスケア、金融サービスの分野でのユースケースがある。

今回新たに発表されたTATTOO ワインプラットフォームは、ワインの流通に関わる全ての関係者、つまり、生産者、流通業者、物流業者、保険業者といったエコシステムに、ワインの産地と品質を追跡するためのブロックチェーンソリューションとして構築された。

トークンの使用により、ワインの売買はもとより、出荷の追跡、倉庫保管と配達の監視、さらにワイン出荷行程の保険補償を手配し、追跡することも可能にするという。つまり、流通業者や消費者は、TATTOO Wine Platformから直接ワインを注文、リアルタイムで通関や保管などを含む、出荷状況を追跡することができる。

さらにスマートコントラクト機能により生産者、物流業者、保険会社間の契約を分散的に管理、参加者全員が全ての情報を共有できるため、時間の効率化もメリットとしてEY社は挙げた。

また今後はスマートコントラクト機能を利用して、ワイン投資家向けに顧客同士での売買(C2C)を可能にする計画も検討中だ。

ルーズベルト一家は、米国の第25代大統領、セオドア・ルーズベルトやフランクリン・ルーズベルトを輩出している米国屈指の名家で、過去数年はアジア・中国近辺での事業開発に力を入れてきた。

現在は中国、日本、韓国、タイ、シンガポールの市場向けに事業を展開しているBlockchain Wine社だが、今後はブロックチェーン技術を導入したTATTOOプラットフォームを活用することで、世界へ販売網を広げて行く構想も広げている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B