仮想通貨ミキシングサービスの3番手、マネーロンダリングの助長により検挙

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨ミキシングサービスの3番手、マネーロンダリングの助長により検挙

閉鎖されたベストミキサーのWebサイト

仮想通貨ミキシングサービスを提供していたBestmixer.io(ベストミキサー)が5月22日、欧州捜査機関により検挙された。検挙されたベストミキサーは、「マネーロンダリング対策を回避する方法」としてミキシングサービスを提供し、その旨をWebサイト上で掲示していたことが問題とされている。米マカフィーの報告により、オランダ財務省の経済情報査察部FIODを中心に各国の当局が連携し本件の調査を行ったとのこと。

ベストミキサーは仮想通貨の3大ミキシングサービスの一つとして数えられ、Bitcoin(BTC)、Bitcoin Cash(BCH)、LiteCoin(LTC)のミキシングサービスを提供していた。2018年5月にサービスを開始し、1年の間に2億米ドル(約25000BTC)の売上高を上げていたとのこと。サービスを提供していたWebサイトは現在閉鎖されている。

FIODらの捜査により判明したベストミキサーの運用状況(FIODの発表資料より引用)

犯罪者が不正に入手した仮想通貨をそのまま使用することは難しい。ほとんどの仮想通貨は、その入手経路や利用先をたどることが容易だからだ。その追跡を逃れる方法の一つがミキシングサービスだという。

ミキシングサービスの模式図。通貨を小さなトランザクションに分割して混ぜ合わせる(McAfeeの発表資料より引用)

一般的にミキシングサービスは、ウォレット内の通貨を数百の小さなトランザクションに分ける。難読化させるために異なるトランザクションを他のソースと混ぜ合わせ、入力金額から手数料を引いたものを特定の出力アドレスに送り出す。仮想通貨の出金元や送金先を隠し、匿名性を高めることができるという。

不正に取得した仮想通貨が混ざらないのであれば、ミキシングサービス自体は犯罪には当たらないとされている。今回検挙されたベストミキサーは、マネーロンダリングや脱税の支援と思われる旨の説明をサイト上に掲載していることが問題となった。

ベストミキサーが掲載していたミキシングサービスの説明。資金を匿名で追跡不能にすることでマネーロンダリングの対策から逃れる方法になることを説明していた

マカフィーの発表によると、同社のAdvanced Threat Research(ATR)チームがベストミキサーの拠点がオランダにあることを突き止め、2018年6月にオランダ財務省の経済情報査察部(FIOD)のFinancial Advanced Cyber Team(FACT)へ連絡。1年間に渡る国際的な調査の結果、今回の強制捜査及び閉鎖に至ったという。

マカフィーの報告を受けたFIODは、オランダのDigital Intrusion Team(DIGIT)、欧州刑事警察機構(ユーロポール)、ルクセンブルク、フランス、ラトビアの各国当局と協力してベストミキサーに対する調査を実施。オランダとルクセンブルクで計6台のサーバーを差し押さえたという。今後FIODとユーロポールは共同で、ベストミキサーから押収した取引データの分析を進めるとのこと。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B