ビットコインの「メイヤー倍数」2018年1月バブル崩壊以来の水準に到達|仮想通貨市況

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコインの「メイヤー倍数」2018年1月バブル崩壊以来の水準に到達|仮想通貨市況
 

ビットコインの「メイヤー倍数」2018年1月バブル崩壊以来の水準に到達|仮想通貨市況

仮想通貨市場

●ビットコイン一服も、反発強く

●メイヤー倍数「2.4」が高騰水準とされる理由を過去データから検証

金融市場と仮想通貨

29日の東京株式市場は、投資家心理の悪化に伴い米国市場が軟調だったことで、半導体銘柄を中心に弱含み。前日比256円安の21,003円で引けた。

米長期金利が1年8カ月ぶりの低水準となったことも警戒されている。日本経済研究センターが開催した景気討論会でも、19年の中国景気について、「米中貿易摩擦が長引けば、中国政権の掲げる”成長率6%”割れも見えて来るだけでなく、日本をはじめとする東アジアや欧州経済からの依存が大きい」として警戒を強めている。

仮想通貨(ブロックチェーン)関連株では、REMIXが4.51%安となったほか、マネックスグループも3.07%安となった。

ビットコインテクニカル分析

メイヤー倍数が500日ぶりの高水準に到達

市場に復帰するボラティリティ

ビットコイン、9700ドルまでブル相場予想

免責事項

ビットコインは、短期的な急騰の反動で、100万円の大台を前に一服。サポートライン割れで約3万円幅の下落を見せた。

28日に国内大手bitFlyerのBTCFXでレバレッジ規制が入ったことも一因とみられ、板が薄くなったことで市場の性質の変化を見極めるべく投機家の様子見基調強まっている。規制前に建てた15倍(フルレバレッジ)のロングポジションを刈り取るような動きもあるため注意が必要だ。

チャネル内のレンジにあるようにも見受けられ、95万円付近を上抜け(①)するか、92万円を下抜けるか(②)は一つの焦点となり得る。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B